定番から変わり種まで。みんなが大好き!オムライスレシピ5選

#食 

人気メニューをしっかりおいしく作りましょう


ご飯もおかずもひと皿でちゃんと食べられ、満足感も高いオムライス。大人も子どもも大好きなメニューですね。ワンプレートで卵で包むのがちょっと難しいですが、簡単・きれいに仕上がるテクニックもご紹介。

ちょこんとのった卵がキュート「のっけオムライス」


のっけオムライス


<材料2人分>

オムレツ(2個分)、卵…4個、牛乳…大さじ2、塩、こしょう、バター、ベーコン…2枚、ピーマン…1個、玉ねぎ…1/4個、マッシュルーム缶(スライス)…1/2缶(25g)、ご飯…350g、塩、こしょう、トマトケチャップ、サラダ油

<作り方>

1.ケチャップライスを作る。べーコンは1cm幅に切る。ピーマンは縦半分に切って1cm四方に切る。玉ねぎは縦薄切りにする。マッシュルームは水をしっかりきる。

2.ご飯をボウルに入れ、塩小さじ1/3、こしょう少々をふり、ケチャップ大さじ3をのせる。

3.フライパンに油大さじ1を熱して1を入れ、野菜がしんなりするまで炒める。2を加えて炒め合わせ、味が全体にからんでパラリとしたら、皿に半量ずつ盛る。

4.オムレツを作る。ボウルに卵2個を割り入れ、牛乳大さじ1、塩、こしょう各少々をふってフォークでよく混ぜてほぐす。フォークですくったとき、スーッと細い線で落ちるくらいに、卵白がしっかり切れるまで溶きほぐす。

5.フライパンを火にかけて温め、バター大さじ1を入れてフライパンを傾けるように回し、バターを広げる。溶けきる直前に4を流し入れる。バターは熱しすぎないこと(卵液を入れたときジュッと音がしないくらいに)。火加減は常に中火で。

6.耐熱ゴムべらでゆっくり大きく混ぜながら、半熟になるまで火にかける。混ぜるとき、フライパンも前後に動かすようにすると、卵に火が均一にまわって、ふっくらしやすくなる。

7.卵が半熟に固まったら耐熱ゴムべらでフライパンの片側に寄せ、フライパンの縁を利用して形を整える。10秒ほど焼いて固める。形を整えるのに時間がかかる場合は、フライパンを火からはずして。

8.フライパンの縁から卵の下に耐熱ゴムべらを入れ、反対側の縁を目がけて裏返し、さらに10秒ほど焼く。

9.すべらせるように皿に取り出す。熱いうちにラップでおおって上から押さえると形が整う。同様にもう1つ作る。

10.3に焼きたてのオムレツをのせ、ケチャップ適宜を絞る。

卵で包まず、小さなオムレツを乗せたオムライス。かわいらしく仕上がります。きれいなオムレツの作り方は必見。

みんなが笑顔になる豪華レシピ「ケンテツ流ハントンライス」


ケンテツ流ハントンライス


揚げたえびや野菜をトッピングし見た目もおしゃれ。とろとろ卵とオリジナルのタルタルソースもよく合います。

フライパンなしで作れちゃう「ふんわりオムライス」


ふんわりオムライス


レンジで作るのでうまくいくこと間違いなし。バター風味のふんわり卵も絶妙で、みんなに喜ばれる簡単レシピ。

ドカンと迫力!子ども喜ぶ「ビッグオムライス」


ビッグオムライス


フライパンいっぱいにオムライスを作るので失敗知らず。みんなで集まるときにはオススメの盛り上がりレシピです。

ソースにチェンジが新しい!「お好み焼き風オムライス」


お好み焼き風オムライス


作り方はそのまま、ケチャップをソースに変えてみて。削りがつおと紅しょうがを装えば、いつものオムライスが新鮮に。

ケチャップで、オムライスやお皿にメッセージを書いて伝えられるのも、オムライスならでは。「入学・進級おめでとう」の特別な日にも、ぜひ作ってみて。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //