調理は炊飯器にお任せ! 世界各国の炊き込みご飯レシピ5選 画像(1/5) 「ジャンバラヤ」 レタスクラブニュースより
「ジャンバラヤ」 レタスクラブニュースより

調理:脇雅世 撮影:広瀬貴子

日本人の食卓に欠かすことができないお米。いつもはメインのおかずや副菜を楽しむための、あるいはボリュームアップのための脇役とも言える存在ですが、そんなお米が主役になるのが「炊き込みご飯」です。でも普通の炊き込みご飯じゃつまらないという人のために、今回は世界各国の味が楽しめる炊き込みレシピ5選をご紹介。具材をカットして調味料を合わせたら、後は炊飯器に頑張ってもらうだけ! 家事を減らしたい時にもぴったりです。

【ジャンバラヤ】(1人分489Kcal、塩分2.7g)

<材料・2~3人分>米 2合、サラミソーセージの輪切り 8枚、ピーマン 2個、玉ねぎ 1/4個、ミックスハーブ(ドライ) 小さじ1、洋風スープの素(固形) 1/2個、オリーブ油、トマトケチャップ、塩、こしょう

<作り方>

1. 米は洗ってざるに上げ、15~20分おく。ピーマンは縦半分に切り、玉ねぎとともに1cm四方に切る。サラミは半分に切る。

2. 炊飯器に米とオリーブ油小さじ1を入れて混ぜる。水1と1/2カップ、玉ねぎ、サラミ、ミックスハーブ、ケチャップ大さじ2、塩小さじ1/2、こしょう少々と、スープの素をくずし入れて混ぜ、普通に炊く。

3. 炊き上がる2~3分前にピーマンを加え、炊き上がったらケチャップ大さじ2を加えてざっと混ぜる。

炊き込みご飯の良いところは、様々な具材を一度に食べられるところ。食材をたっぷり入れておけば、それだけでメイン料理の完成です。また、とり手羽元やとりもも肉などのボリュームたっぷりのお肉も炊飯器で調理できるので、お肉好きもお気に入りの炊き込みご飯ができちゃいますよ。


【炊き込みパエリア】

ハーブの香りとレモンの酸味が効いたスペインの伝統料理パエリヤも、炊飯器1つで作れちゃいます。

調理は炊飯器にお任せ! 世界各国の炊き込みご飯レシピ5選 画像(3/5) 「炊き込みパエリア」 レタスクラブニュースより
「炊き込みパエリア」 レタスクラブニュースより

調理:夏梅美智子 撮影:澤井秀夫


【メキシカン炊き込みご飯】

ピリ辛スパイシー味のメキシカンな炊き込みご飯。とり肉やマッシュルームからのうまみで、お米がグッとおいしくなります。

調理は炊飯器にお任せ! 世界各国の炊き込みご飯レシピ5選 画像(6/5) 「メキシカン炊き込みご飯」 レタスクラブニュースより
「メキシカン炊き込みご飯」 レタスクラブニュースより

調理:下条美緒 撮影:安井真喜子


【たこピラフポルトガル風】

香りがよくてあっさりとした味のポルトガル風のたこピラフ。ポイントはお米は洗わずに加えて、油がまわるまでよく炒めること。

調理は炊飯器にお任せ! 世界各国の炊き込みご飯レシピ5選 画像(10/5) 「たこピラフポルトガル風」 レタスクラブニュースより
「たこピラフポルトガル風」 レタスクラブニュースより

調理:野口真紀 撮影:竹内章雄


【シンガポールチキンライス】

とり肉も炊飯器で一緒に炊いてOK。エスニック感たっぷりのボリューム満点なシンガポールの名物料理が自宅でも作れます。

調理は炊飯器にお任せ! 世界各国の炊き込みご飯レシピ5選 画像(15/5) 「シンガポールチキンライス」 レタスクラブニュースより
「シンガポールチキンライス」 レタスクラブニュースより

調理:ヤミー 撮影:福尾美雪


世界の炊き込みご飯が炊飯器1つで作れるなんて、家ごはんがちょっと楽しくなりそうですよね。1度にたくさんの量が作れるので、家族や友達と一緒に食卓を囲んで楽しむのもおすすめです。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】