いも×魚コンビもイケますよ♪ しょうがの下味でさっぱり!「さつまいもと鮭の竜田揚げ」

#食 
さつまいもは、ポリフェノールたっぷりの皮ごといただく。

秋の味覚の代表選手の一つが、さつまいも。煮たり蒸したり焼いたりといろんな調理法で楽しめますよね。
そんなさつまいも、肉と合わせることはあっても、魚と一緒にいただくことは少ないのではないでしょうか? 下味をしっかりからめた竜田揚げにすると絶品ですよ♪

「栄養を捨てない秋冬野菜レシピ」今回は、さつまいもとを合わせた竜田揚げ。
さつまいもの皮の赤色は、ポリフェノールの一種であるアントシアニンによるもの。皮が薄いので、傷つけないように手やスポンジで洗って、皮ごと使いましょう!

*  *  *

さつまいもと鮭の竜田揚げ

しょうがのきいた甘辛下味が、素材の味を引き立てる!

甘いさつまいもとジューシーな鮭が合う!「さつまいもと鮭の竜田揚げ」

[ 材料・2人分 ]*1人分468kcal/塩分2.4g
・さつまいも ...小1本 (約150g)
・生鮭 ...2切れ (約200g)
・下味
 ∟おろししょうが ...大さじ1
 ∟しょうゆ ...大さじ1と1/2
 ∟砂糖 ...小さじ1
・片栗粉
・揚げ油

[ 作り方 ]
1. さつまいもは洗い、皮つきのまま4cm長さに切って四~六つ割りにする。鮭は3~4等分に切る。
2. 大きめのボウルに下味の材料を入れて鮭を加えてからめ、約10分おく。さつまいもを加えて軽く混ぜたら、片栗粉1/2カップをふり入れ、握るようにしながらまぶす。
3. 揚げ油を中温 (約170℃) に熱し、2を一度に入れる。表面が固まったら、時々混ぜながら5~6分揚げる。
4. 器に盛り、好みでレモンのくし形切り、青じそを添える。

*  *  *

ホクホクのさつまいもにジューシーな鮭、食感の違いも楽しい一皿。副菜やおやつとしていただくことも多いさつまいもですが、このレシピは存在感たっぷり! 今晩のメインディッシュにぜひ作ってみてくださいね。


調理/小田真規子 撮影/澤木央子 スタイリング/しのざきたかこ 栄養計算/スタジオ食 編集協力/田久晶子

【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ21年10月11月合併号より>


レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!






雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 10月11月合併号』情報はこちらから▼

栄養を捨てない!秋冬野菜レシピ/狭くても! 収納が少なくても!作業しやすいキッチンに!/業務スーパー120%活用法/35歳を過ぎたら「老け髪」にご用心!/【特別付録】SNOOPY家計簿2022


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //