カリッとじゃがいも&しっとりサーモンが相性抜群!「サーモンガレット」

#食 
カリッと焼けたじゃがいもの食感がたまらない「サーモンガレット」

味つけばかり考えがちだけれど、じゃがいも料理のおいしさを左右するのは、ずばり食感! カリカリ、ほくほく、サクサク…etc。食感を生かしたレシピのバリエを増やしてみませんか?

「食感が主役のじゃがいもおかず」今回は、カリッとした食感が魅力で、見た目も華やかなサーモンガレットのレシピをお届けします。

*ここでご紹介するレシピは、特におすすめの品種がある場合は材料表に明記しています。表記がない場合は、どの品種でもおいしく作れます。

*  *  *

▶︎教えてくれたのは...
小林まさみさん

小林まさみさん:料理研究家。手軽でおいしく、再現しやすい料理で大人気。今回は数あるじゃがいも料理のレパートリーの中でも、ボリューミーで白飯に合うものを中心に教えてもらいました。

料理研究家。手軽でおいしく、再現しやすい料理で大人気。数あるじゃがいも料理のレパートリーの中でも、ボリューミーなものを中心に教えてもらいました!

サーモンガレット

カリッと焼けたじゃがいも×しっとりしたサーモンが好相性!
[ 材料 (2〜3人分) ]*1人分358kcal/塩分1.4g
・じゃがいも (メイクイーン) ...3個 (約450g)
・サーモン (刺し身用) ...200g
・レモンのくし形切り ...2~3切れ
・塩
・こしょう
・小麦粉
・バター

[ 作り方 ]
1. サーモンは水けを拭き、1cm幅に切って両面に塩小さじ1/2、こしょう少々をふる。じゃがいもは焼く直前にスライサーでせん切りにし、水っぽい場合は水けを絞る。ボウルにじゃがいもを入れ、塩、こしょう各少々、小麦粉大さじ3をまぶす。

2. フライパンにバター大さじ2を強めの中火で熱し、半分くらい溶けたらじゃがいもの半量を広げ入れる。サーモンを重ならないようにのせ、残りのじゃがいもでおおう。フライ返しで時々押さえながら、焼き色がつくまで4~5分焼く。火を止め、皿をかぶせて押さえ、フライパンごとひっくり返して皿にのせる。フライパンに滑らせて戻し入れ、中火で焼き色がつくまで5~6分焼く。

せん切りにしたじゃがいもでサーモンを挟む。

せん切りじゃがいもでサーモンをサンド!

3. 食べやすく放射状に切り、器に盛ってレモンを添える。

*  *  *

家にある調味料でしっかりおいしく仕上がるこのレシピ。ぜひお試しくださいね!

調理/小林まさみ 撮影/髙杉 純 スタイリング/久保田朋子 栄養計算/スタジオ食 編集協力/渡辺ゆき

【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ21年10月11月合併号より>


レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!




雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 12月号』情報はこちらから▼

殿堂入り時短レシピランキング/年末年始の洋副菜和副菜/買ってきた料理を100均アイテムで高見せする盛りつけテク/風邪やインフルエンザに負けない!ご機嫌に冬を乗り切る習慣/チャレンジ ことしは、ほぼこすらない大掃除/

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //