茹でて冷蔵庫で冷やすだけ!「塩味しみしみ味つきゆで卵」/ジョーさん。のちょいワザレシピ(10)

#食 

茹で時間、つけ置き時間の調整で自分好みの味を見つけよう

つけておく時間は、ほどよい塩加減がいいときは8時間程度がベスト

茹でるときの水の量は、鍋の大きさによって変わります。18cmの鍋なら1.2リットル程度が目安です。また、冷蔵庫から出したての卵は割れやすいもの。おたまを使って、そっと鍋に入れると割れずにすみます。

Point.1
鍋に卵を入れたあとは、1分ほどクルクルと混ぜる
クルクル混ぜることで、黄身が1箇所に偏ることなく、ちゃんと中心に寄せることができます。見た目がよくなりますし、卵の殻もむきやすくなりますよ。

Point.2
7分茹でると半熟気味に、9分茹でると固めのゆで卵
茹で加減はお好みですが、7分茹でると半熟気味に、9分茹でると固めのゆで卵が完成します。

Point.3
塩水のつけ時間は8時間程度がベスト
ほどよい塩加減がいいときは8時間程度がベスト。味を濃くしたいときは、もう少し長い時間、冷蔵庫で冷やしてみてください。ただし1日以上、塩水につけたままにすると、しょっぱくなりすぎることがあるので要注意です。

卵は完全栄養食と呼ばれるほど栄養素が豊富な食材

かんたんに作れて、コスパ抜群な味つきゆで卵。スーパーで卵が安いときに買って、まとめて作っておくと重宝します。しかも、卵は完全栄養食と呼ばれるほど栄養素が豊富な食材。カロリーはそれほど高くないので、小腹が空いたときの間食や夜食としても最適です。
茹で加減や味を調節しながら、ぜひお好みの味つきゆで卵を作ってみてくださいね!

Profile

ジョーさん。

料理研究家ジョーさん。

料理研究家。
共働きで多忙だった母を手伝いたいという想いから料理を始める。ガッツリボリュームのある肉料理から、旬の野菜を美味しく食べるレシピまで「台所に立つのが楽しくなるように」をモットーに幅広いレシピを考案。日々の忙しさの中でも、美味しいものを食べたい、作ってあげたい、という想いに応えられる効率性を最重要視したレシピは、Twitterでも反響を呼び、フォロワー数は24万人超。
Twitter:@syokojiro
著書:『めんどうなことしないうまさ極みレシピ 激烈美味しいストレスなし103品』(KADOKAWA)


文=小山田 景亮

この記事に共感したら

ジョーさん。

ジョーさん。

料理研究家。共働きで多忙だった母を手伝いたいという想いから料理… もっと見る

Twitter:
@syokojiro

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //