定番おかずも炒めれば時短に! めんつゆ+しょうゆで簡単味つけ「肉じゃが風炒め丼弁当」

#食 
「肉じゃが風炒め丼弁当」

毎日のお弁当、忙しい時はどんな風にのりきっていますか? 夕飯の残りものや冷凍食品を詰めるのもいいけれど、ちょっと目先を変えたい…。そんな時はおかず1つで見映えのする「のっけ弁」の出番です。「肉じゃが風炒め丼弁当」は、じゃがいもと豚こま肉を甘辛だれで炒めたおかずをたっぷりのせた一品。朝から肉じゃがを仕込む時間がなくても、炒めれば10分ほどで完成します。甘辛だれは、めんつゆにしょうゆを少し足して。こうするとコクが出て、冷めてもおいしく食べられます。

肉じゃが風炒め丼弁当

【材料・2人分】
豚こま切れ肉…250g、じゃがいも…2個、絹さや…3〜4本、温かいご飯…適量、甘辛だれ(めんつゆ<2倍濃縮>…大さじ2、しょうゆ…小さじ1)、塩、こしょう、酒、サラダ油

【作り方】
1.弁当箱にご飯を詰める。豚肉は塩、こしょう各少々、酒大さじ1をふる。じゃがいもは5mm幅の拍子木切りにし、水にさらす。絹さやは斜め半分に切る。

2.フライパンに油大さじ1を中火で熱し、豚肉を炒める。肉の色が変わったら、じゃがいもを水けをきって加え、炒め合わせる。

3.じゃがいもが透き通ったら、甘辛だれの材料を加えて炒める。なじんだら、絹さやを加えてさっと炒め合わせる。

4.1の弁当箱に3をのせる。
(1人分756kcal、塩分2.5g 調理/ぐっち夫婦 栄養計算/スタジオ食)

赤・緑・黄色などの彩りのいい食材を積極的に取り入れることで、目にもおいしいお弁当に! 野菜をチョイスすれば、彩りとともに栄養バランスもアップしますよ。

お弁当を作る時は、おかずをよくさましてからふたをして。熱いうちにふたを閉めてしまうと、蒸気が中にこもって細菌が繁殖しやすくなります。持ち歩くときは保冷剤や保冷バッグを利用するなど、保管方法にも注意しましょう。

文=齋藤久美子

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!


ほかにもいろいろ!「のっけ弁当」のレシピ

■レンジで完成!ボリューム肉レシピ特集はこちら


これもレンジでできちゃうの⁉驚き満載のレンチン肉レシピ

■毎日食べたい鍋特集はこちら


“体ぽかぽか、栄養満点!好みに合わせて選べる鍋レシピいろいろ”






おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //