カリッと食感もとろ〜りみつも、このレシピなら失敗なし!「とろみつみたらし大学いも」

#食 
こうばしいくるみがアクセント!「とろみつみたらし大学いも」

さつまいもの人気おやつといえば、大学いも。食感よく揚げたり、みつを作ったりと、手間がかかりそうなイメージですが、コツをつかめばおいしくできるんです。

「さつまいもの映えおやつ」今回は「とろみつみたらし大学いも」。粗く刻んだくるみが、味わいと見た目のアクセントになりますよ!

*  *  *

とろみつみたらし大学いも

とろっとろの甘辛だれをたっぷりからめて召し上がれ
[ 材料・2〜3人分 ]*1人分357kcal/塩分1.3g
・さつまいも ...大1本 (約300g)
・くるみ (ロースト) ...15g
・砂糖 ...大さじ6
・サラダ油 ...大さじ3
・しょうゆ ...大さじ1と1/2
・水溶き片栗粉
 ∟片栗粉、水 ...各大さじ1

[ 作り方 ]
1. さつまいもは皮をむいて2cm四方、6cm長さの棒状に切る。水に約3分さらし、水けをきる。耐熱ボウルに入れて砂糖、水各大さじ2を加え、混ぜる。ふんわりとラップをかけて電子レンジ(600W)で約3分加熱し、取り出してさっと混ぜる。再度同様に約3分加熱し、水けをしっかりと拭く。

2. フライパンに油を中火で熱し、1を入れる。こんがりと色づくまで、転がしながら3~4分揚げ焼きにし、取り出して油をきる。

3. フライパンをきれいにし、砂糖大さじ4、水180ml、しょうゆを入れ、中火で熱する。煮立ったら火を止め、水溶き片栗粉を回し入れて、混ぜながらとろみをつける。

4. くるみを粗く刻み、3に加える。2を戻し入れて中火で熱し、からめる。

だまにならないよう、火をとめてから水溶き片栗粉を加えるのがポイント。

火を止めてから水溶き片栗粉を加えるのがポイント。だまになるのを防いで、なめらかな甘辛だれに!

*電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

*  *  *

大学いもを食感よく仕上げるには二度揚げが必要、ともいわれますが、レンチン加熱によって、時短でカリッ&ほくっとした仕上がりに。みつも、片栗粉を使えば簡単にできちゃいます。
ぜひチャレンジしてみてくださいね!


調理/金子奈央 撮影/宗田育子 スタイリング・編集協力/中田裕子 栄養計算/スタジオ食 

【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ21年11月増刊号より>

*電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。


レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!







雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 11月増刊号』情報はこちらから▼

おいしさ極まる「ほったらかし煮」/おうちで作れるさつまいもの映えおやつ!/夫や子どもが使いやすいキッチン収納/「寝ても疲れが取れない」のはナゼ!?/【とじこみ付録】大根の時短レシピBOOK/【特別付録】SNOOPY カレンダー2022


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //