シメは溶き卵+中華麺で! 酸っぱ辛くて後引くおいしさ「豚の酸辣(サンラー)鍋」

#食 
「豚の酸辣(サンラー)鍋」

パンチの効いた辛い鍋が無性に食べたくなったら…。キムチ鍋やチゲ鍋もいいですが、ときには酢を入れて、酸っぱ辛い酸辣湯風に仕上げてみるのもおすすめです。初めて作るなら、「豚の酸辣(サンラー)鍋」がおすすめ。豆板醤の刺激のある辛みを、酢の酸味でまろやかにまとめた酸っぱ辛いスープが絶品です。深みのあるいいだしが出るきのこもどっさりと入れて。豚肉には片栗粉をまぶすと煮込んでもパサつかず、スープに適度にとろみもつきます。具材をひとしきり堪能した後は、残った煮汁に中華麺と溶き卵を入れて、酸辣湯麺に! 最後の1滴までおいしくいただけそうですよ。

豚の酸辣(サンラー)鍋

【材料・2人分】
豚もも薄切り肉…150g、絹ごし豆腐…1/2丁、しいたけ…6枚、ゆでたけのこ…100g、万能ねぎ…2本、もやし…1/2袋(約100g)、煮汁(とりガラスープの素…小さじ1と1/2、豆板醤<トウバンジャン>…小さじ2/3〜1/2、しょうゆ…小さじ2、塩・砂糖…各小さじ1/2、水…2と1/2カップ)、シメの材料(溶き卵…1個分、万能ねぎの小口切り…少々、中華生麺…1玉)、塩、片栗粉、酢、粗びき黒こしょう

【作り方】
1.しいたけは四つ切りにする。たけのこは縦半分に切って縦5mm幅に切る。万能ねぎは斜め3cm長さに切る。豆腐は6等分に切る。豚肉は長さを半分に切って塩少々をふり、片栗粉大さじ1をまぶす。

2.土鍋に煮汁の材料、しいたけ、たけのこを入れ、ふたをして火にかけ、煮立ったら弱火にして約3分煮る。

3.豆腐を加え、豚肉も1切れずつ加えて煮て、豚肉の色が変わったら、もやし、酢大さじ1を加えてひと煮立ちさせる。仕上げに万能ねぎをのせ、こしょう適宜をふる。

4.鍋のシメには、中華麺を袋の表示より1分短くゆでて湯をきり、煮汁適宜が残った鍋に加えて約1分煮る。溶き卵を回し入れ、半熟状に固まったら、器に取り分けて万能ねぎを散らす。
(1人分461kcal、塩分4.5g 調理/外処佳絵 栄養計算/スタジオ食)

きのこは好みのものを数種類入れてみるのもおすすめ。種類によって含まれているうまみ成分も微妙に異なるため、1種類よりも何種類かのきのこを合わせて調理した方がうまみの相乗効果が期待できるんです。

といってもきのこはあしが早いので「中途半端に残して使いきれなかった…」なんてことになってはもったいないですよね。そこで余ったきのこの上手な活用術が、数種類をまとめて保存袋に入れて冷凍する「冷凍きのこミックス」です。これが冷凍庫に常備されていると、スープ、和えもの、炒めもの、炊き込みご飯…ととにかく便利! 冷凍きのこミックス用にきのこを多めに買ってくるのもおすすめです。

文=齋藤久美子

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!

こちらもチェック!


ほかにもいろいろ!「」のレシピ

■レンジで完成!ボリューム肉レシピ特集はこちら


これもレンジでできちゃうの⁉驚き満載のレンチン肉レシピ

■毎日食べたい鍋特集はこちら


“体ぽかぽか、栄養満点!好みに合わせて選べる鍋レシピいろいろ”






おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //