【簡単レシピ】お疲れ女子の心と体を癒す疲労回復スープ「具だくさん豚だんご汁」 画像(1/2) ふんわりやわらかい肉だんごがおいしい
ふんわりやわらかい肉だんごがおいしい

調理=小田真規子 撮影=三村健二

4月から新生活をスタートさせた人の中には、張り切りすぎてお疲れ気味だったり、思い通りにいかないことばかりでイライラ……という人がいるかもしれません。そんな人は、「具だくさん豚だんご汁」でひと息ついて。こちらのスープには、疲労回復ビタミン・ビタミンB1を含む豚肉と豆乳がたっぷり。さらに豆乳には、心を落ち着かせ、ストレスを軽減させるセロトニンの原料となるトリプトファンが豊富に含まれています。温かなスープで心と体の疲れを癒して、明日からまた笑顔で過ごせますように。


【具だくさん豚だんご汁】(1人分344Kcal、塩分2.2g、調理時間20分)


<材料>(2人分)

肉だね(豚ひき肉150g、溶き卵1個分、小麦粉大さじ3、しょうゆ小さじ1)、豆乳(成分無調整)1カップ、かぶ(葉つき)3個、スナップえんどう4個、エリンギ1本、塩、しょうゆ


<作り方>

(1)かぶは葉を切り分け、皮つきのまま四つ割りにし、葉1個分はざく切りにする。スナップえんどうは斜め半分に切る。エリンギは長さを半分に切り、四つ切りにする。肉だねの材料をボウルに入れ、粘りが出るまで約2分練り混ぜる。

(2)鍋に水2カップ、かぶ、エリンギ、塩小さじ1を入れて火にかける。煮立ったら肉だねを6等分して、スプーン2本で丸くまとめて入れる。再び煮立ったらアクを除き、途中肉だねの色がほぼ変わったところで上下を返して、弱火で約10分煮る。

【簡単レシピ】お疲れ女子の心と体を癒す疲労回復スープ「具だくさん豚だんご汁」 画像(3/2) 【写真を見る】肉だねはやわらかいのでスプーン2本で丸めて入れ、煮くずれないように弱火で煮る
【写真を見る】肉だねはやわらかいのでスプーン2本で丸めて入れ、煮くずれないように弱火で煮る

調理=小田真規子 撮影=三村健二


(3)豆乳、スナップえんどうを加えて弱火のまま煮立たせないように約3分煮て、しょうゆ少々で調味する。かぶの葉を加え、しんなりするまでさっと煮る。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】