たれのバリエで七変化!揚げ出し豆腐5選 画像(1/5) 「和風カレー揚げ出し豆腐」

お味噌汁や冷奴など様々な料理に使うことができる「豆腐」ですが、揚げ出し豆腐を使うことでたれやソースがより絡みやすくなります。今回はそんな揚げ出し豆腐を使ったレシピ5選をご紹介。豆腐のシンプルなおいしさがどんな味つけにもマッチするので、料理のバリエーションが広がりますよ。

【和風カレー揚げ出し豆腐】(1人分226Kcal、塩分2.7g)

<材料・2人分>絹ごし豆腐 1丁、しょうゆ 小さじ1、にんじん 1/3本、もやし 1/2袋、だし汁 1カップ、しょうゆ、みりん 各大さじ1、塩 小さじ1/4、グリーンピース 適量、片栗粉 大さじ1、カレー粉 小さじ1、だし汁 大さじ2

<作り方>

1. 絹ごし豆腐はペーパータオルで包んで約2kのおもしをし、約1時間おいて水きりをする。縦3等分、横半分に切り、しょうゆをまぶす。にんじんは細切りにする。

2. 豆腐の汁けをペーパータオルで拭き、片栗粉を全体に薄くまぶす。揚げ油を高温(約180℃)に熱し、豆腐を入れて4~5分揚げる。きつね色になったら、取り出して油をきる。

3. 小鍋にもやし、だし汁、にんじんを入れて火にかけ、2~3分煮る。しょうゆ、みりん、塩を加えて混ぜる。グリーンピース、片栗粉、カレー粉、だし汁を混ぜて加え、とろみをつける。さらに約1分煮る。

4. 器に2を盛り、3をかける。

揚げ出し豆腐は市販のものを使うこともできますが、せっかくなら自宅で手作りしてみましょう。揚げ出し豆腐の基本的な作り方は、豆腐の水気をしっかりと切ってから片栗粉を全体に薄くまぶして、高温の油で揚げるだけ。片栗粉をつける前に豆腐の表面にしょうゆをまぶしておくと、よりご飯に合う揚げ出し豆腐になります。


【トマトにんにくみそ揚げ出し豆腐】

ワインやオリーブ油を使って洋風に仕上げた一品。トマトのうまみと酸味が揚げ出し豆腐に染み込みます。

たれのバリエで七変化!揚げ出し豆腐5選 画像(3/5) 【写真を見る】「トマトにんにくみそ揚げ出し豆腐」

【揚げだし豆腐のキムチのせ】

味つけはキムチだけの簡単レシピ。豆腐を転がしながら揚げれば、少量の油でも十分に美味しく仕上がります。

たれのバリエで七変化!揚げ出し豆腐5選 画像(6/5) 「揚げだし豆腐のキムチのせ」

【ポン酢ピーナッツバター揚げ出し豆腐】

ポン酢にピーナッツバターをプラスしてエスニック風味に。甘酸っぱい味わいが食欲をそそります。

たれのバリエで七変化!揚げ出し豆腐5選 画像(10/5) 「ポン酢ピーナッツバター揚げ出し豆腐」

【ユーリンチー風揚げ出し豆腐】

ねぎ・にんにく・しょうががたっぷり入ったソースをかければ、手軽に人気中華料理風に仕上がります。

たれのバリエで七変化!揚げ出し豆腐5選 画像(15/5) 「ユーリンチー風揚げ出し豆腐」

揚げ出し豆腐を使った料理は食事の副菜だけでなく、お酒のおつまみにもぴったり。たれを変えるだけで色々な味が楽しめるので、食べ比べしてみるのも良いですね。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】