作り置きにも! 酸味のきいたサブおかずが簡単にできちゃう「マリネだれ」をチェック

#食   
マリネだれでシャキシャキ「キャロットラペ」

甘辛い料理がメインのときは、酸味のきいたサブおかずを合わせたいもの。おすすめは「マリネ」です。週末に作り置きしておけば、忙しい平日の野菜不足を補う一品としても重宝します。

というわけで、「万能だれレシピ」今回は「マリネだれ」のレシピ。野菜のマリネのほか、刺し身にかければカルパッチョにもなる万能だれですよ!

*おかずだれとメニューの材料は2人分です。
*たれはすべて、材料を混ぜ合わせて作ります。
*小さじ1は5ml、大さじ1は15mlです。

*  *  *

マリネだれ

刺し身にかければカルパッチョにも「マリネだれ」

マリネだれの材料

・酢...大さじ2
・オリーブ油...大さじ1と1/2
・塩...小さじ1/3
・砂糖...小さじ1/4
・こしょう...少々

キャロットラペ

マリネだれでシャキシャキ「キャロットラペ」

にんじん1本を4~5cm長さの細切りにし、塩少々をふって約10分おき、よくもんでから水けを絞る。ボウルに入れ、マリネだれ全量を加えてあえる。
*刺し身にかければカルパッチョに。

*  *  *

マリネやカルパッチョのほか、ちょっとしたサラダのドレッシングとしても使えます。ぜひ作ってみてくださいね。

調理/武蔵裕子 撮影/宗田育子 スタイリング/なかざわひろ美 編集協力/田子直美

 
【レタスクラブ編集部】


野菜のサブおかずならこれも!

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ22年10・11月合併号より>


レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!


▶へとへとさんをお助けする情報が満載!








雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 11月増刊号』情報はこちらから▼

『栄養を逃さない煮もの』秋冬に旬の野菜をおいしく食べるには、温かい煮ものが一番!野菜を味わえて、栄養も逃さない煮ものレシピをたっぷりご紹介しています!/1/4株をペロリと食べ切れる白菜鍋/ごまドレッシングの意外な使い方10/半生食感のさつまいもスイーツ/「汚れタイプ別洗剤早見シート」/【はずせる保存版】手早く味しみ!「大根おかずBOOK」/【毎号付録】献立の悩みから解放される!と話題の「献立カレンダー」/【特別付録】毎年大好評!「SNOOPYカレンダー2023」/オトナのNEWS連載は加藤シゲアキさん/コミックエッセイも多数!/レタスクラブ11月増刊号をぜひお楽しみください。




本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

LINEお友だち追加バナー

おすすめ読みもの(PR)