【簡単レシピ】疲れた胃腸に染みる~! じんわりおいしい「なすと油揚げのさっと煮」 画像(1/3) 煮汁がたっぷりしみて美味

冷たい飲み物を飲みがちな夏場は、胃腸もお疲れ気味。「なすと油揚げのさっと煮」で体を労わって。その名のとおり、さっと作れる一品ですが、たっぷりの煮汁を含んだなすと油揚げのおいしさは格別。やさしい味わいに、きっと心も体もほっとひと息つけるはず。冷やして食べてると、また違うおいしさが楽しめます。


【なすと油揚げのさっと煮】(91kcal、塩分1.4g)


<材料>(2人分)

なす2個、油揚げ1枚、青じそ1枚、煮汁(だし汁1カップ、しょうゆ、酒各大さじ1、砂糖小さじ1)


<作り方>

(1)油揚げは横半分、縦3等分に切る。なすは四つ割りにする。

(2)鍋に煮汁の材料を入れ、火にかける。煮立ったら1を入れ、オーブン用ペーパーで落としぶたをし、強めの中火にして7~8分、なすがやわらかくなるまで煮る。

(3)器に盛り、しそをちぎってのせる。


なすの皮に含まれるポリフェノールには、強い抗酸化作用が。美肌のためにも、ぜひ皮ごと調理して。

【簡単レシピ】疲れた胃腸に染みる~! じんわりおいしい「なすと油揚げのさっと煮」 画像(4/3) なすは低温に弱いので、2~3日なら常温で保存。それ以上長く保存するときは、冷蔵庫の野菜室で、水分が蒸発しないようポリ袋に入れて保存しましょう