おもてなし料理におすすめ! とっておきの自家製おすし5選

#食 
「ちらし風ご飯」 レタスクラブニュースより


家族や友達が集まる特別な日には、いつもよりゴージャスな料理を食べたいもの。今回はとっておきの日におすすめの自家製おすし5選を紹介します。魚介や肉、野菜をバランスよく取り入れた彩り豊かなメニューばかりなので、これからやってくるクリスマスや忘年会などのシーンでぜひ作ってみてくださいね。

 

【ちらし風ご飯】(386Kcal、塩分2.8g)


<材料・3~4人分>

ちりめんじゃこ 50g、かに風味かまぼこ 1パック(約70g)、鮭フレーク 1瓶(約60g)、とびっこ 1パック(約50g)、青じそ 10枚、米 2合、白いりごま 大さじ3、酒

<作り方>

1. 米は洗ってざるにあけ、直径25cmの土鍋に入れる。水2カップ、酒大さじ1を加えて約30分浸水させる。

2. じゃこを加えてふたをし、強火にかける。吹いてきたら弱火にして10分炊き、火を止めてそのまま10分蒸らす。

3. しそはせん切りにし、ごまとともに2に加え、全体を混ぜて表面を平らにする。かにかまぼこは裂き、鮭フレーク、とびっことともに彩りよくのせる。炊いたご飯の上に魚介を一面に敷き詰めると、彩りよく見える。

かに風味かまぼこや鮭フレークを使用しているため、下処理の手間がなく簡単にちらし寿司を作れるのがうれしいところ。また、生の魚介類を購入するより安く材料がそろうので、家計にやさしいのも魅力です。

 

【まぐろとアボカドのすしケーキ】


まぐろをバラの形にし、華やかな見た目に仕上げましょう。花の形がほころばないよう、づけにしてから巻くのがポイント。

「まぐろとアボカドのすしケーキ」 レタスクラブニュースより


 

【焼き豚サラダちらし】


きゅうり、レタス、卵など冷蔵庫によくある食材を使ったちらしずし。覚えておけば、急にゲストが来た時でも安心ですよ。

「焼き豚サラダちらし」 レタスクラブニュースより


 

【簡単牛肉ちらし】


牛肉とごぼうの組み合わせがベストマッチした1品です。汁けがなくなるまで煮込んで、味をしみこませるとGOOD。

「簡単牛肉ちらし」 レタスクラブニュースより


 

【鮭の混ぜずし】


鮭といり卵をメインにした混ぜずし。きゅうりやトマトといったフレッシュな野菜とのハーモニーを楽しみましょう。

「鮭の混ぜずし」 レタスクラブニュースより


 

青じそやしょうがなど、薬味の香りで後味がよいおすしはお腹がいっぱいでもついつい箸がすすみますよね。パーティーの〆料理に迷ったら作ってみてはいかがでしょうか?

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
ちらし風ご飯
まぐろとアボカドのすしケーキ
焼き豚サラダちらし
簡単牛肉ちらし
鮭の混ぜずし

ほかにもいっぱい! おすしのレシピをチェック!

 ▼生活がグッと楽しく便利に!“プチリフォーム”のための設備情報はこちら


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //