お昼ごはんにぴったり! ツナマヨをパスタにアレンジ♪ 画像(1/2) 「ツナマヨチキンスパゲッティ」

手軽に食べられて大人も子どもも大好きなツナマヨ。おにぎりの具にしたりトーストにのせたりして食べることが多いですが、たまにはパスタにアレンジしてみるのもおすすめです。そこで今回は「ツナマヨチキンスパゲッティ」をご紹介します。


ツナマヨチキンスパゲッティ

【材料・2人分】

とりささ身 2本(約100g)、さやいんげん 100g、ツナマヨソース(ツナ缶 小1缶[80g]、レモン汁 大さじ1/2、マヨネーズ 大さじ4、オリーブ油 小さじ2、ウスターソース 小さじ1、塩、こしょう 各少々)、スパゲッティ 160g、酒、塩、粗びき黒こしょう

【作り方】

1. ささ身は筋を除き、酒少々を加えた熱湯でゆでて、粗熱がとれたら細かく裂く。いんげんは塩を加えた熱湯で色が鮮やかになるまでゆでて、3cm長さに切る。

2. スパゲッティは塩適宜を加えたたっぷりの熱湯でゆではじめる。

3. ツナマヨソースを作る。ツナは缶汁をきって包丁で細かくたたく。ボウルに入れてほかの材料を加え、よく混ぜる。ささ身、いんげんも加えて混ぜる。

お昼ごはんにぴったり! ツナマヨをパスタにアレンジ♪ 画像(3/2) ツナマヨソースはあらかじめボウルに作っておけば、ゆで上がったスパゲッティと混ぜるだけ。ソース自体は加熱しなくても作れる。

4. スパゲッティがゆで上がったら湯をきって3に加えてよく混ぜる。皿に盛り、こしょうをたっぷりふる。

(1人分652Kcal、塩分2.1g)


ツナマヨソースにはウスターソースやレモン汁を加え、うまみやさっぱりとした風味をプラス。ツナマヨソースの他にもとりささ身やさやいんげんを具として使っているので、食べ応えもばっちりです。仕上げにこしょうをふって召し上がれ。