肉そぼろが味の決め手! 野菜もたっぷりとれるコクうまビビンバ5選 画像(1/5) 「簡単ビビンバ」

さまざまな具材を混ぜ合わせて食べる韓国定番の料理「ビビンバ」。丼に具材を盛りつければ完成なので、難しい作業が必要なく簡単に調理できるのがポイントです。今回は、野菜もたっぷりとれるコクうまビビンバ5選をご紹介。好みのメニューを選んで今すぐにでも実践してみましょう!


簡単ビビンバ

【材料・2人分】

合いびき肉 100g、しいたけ 2枚、にんじん 4cm、小松菜 1株、もやし 1/2袋、にんにくのみじん切り 1片分、白いりごま 少々、たれ(ごま油 大さじ1、塩 小さじ1/2)、合わせ調味料(しょうゆ、砂糖 各小さじ2、水 1/4カップ)、温かいご飯 茶碗2杯分、ごま油

【作り方】

1. しいたけは石づきを除いて軸ごと5mm幅に切る。にんじんはせん切りにする。小松菜は5cm長さに切る。たれの材料は混ぜる。耐熱皿ににんじん、もやし、小松菜の順に入れてふんわりラップをかけ、電子レンジで約3分30秒加熱する。小松菜を皿の端に寄せてたれ1/3量をかけ、あえる。残りのたれをにんじんともやしにかけてあえる。野菜は重ねて一度の加熱でOK。加熱後はそのまま皿の中で小松菜、にんじんともやしに分けてたれであえて。

2. フライパンにごま油大さじ1/2を熱してにんにくを炒め、香りが立ったらひき肉を加えてほぐしながら炒める。色が変わったらフライパンの端に寄せ、あいたところにしいたけを加えてさっと炒める。合わせ調味料を回し入れ、ひき肉としいたけが混ざらないように、汁けがなくなるまで煮る。

3. 器にご飯を盛り1、2をそれぞれ盛り合わせ、ごまをふる。

(1人分458Kcal、塩分2.4g、調理時間20分)

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

小松菜やしいたけ、にんじんなどが入った味わい豊かな1品です。具材は電子レンジで温めて、調理時間を短縮。加熱する際にラップをふんわりかければ、具材がちょうどいい歯ごたえに仕上がります。


塩そぼろビビンバ丼

即席でパパッと作れるスピード飯です。とり塩そぼろと白飯が相性抜群なので、箸がどんどん進むはず。

肉そぼろが味の決め手! 野菜もたっぷりとれるコクうまビビンバ5選 画像(3/5) 温泉卵の黄身が食欲をそそる「塩そぼろビビンバ丼」

サラダビビンバ

貝割れ菜やベビーリーフなどの野菜を使用したヘルシーなメニュー。さっぱり味が好きな人におすすめですよ。

肉そぼろが味の決め手! 野菜もたっぷりとれるコクうまビビンバ5選 画像(6/5) 「サラダビビンバ」

カラフルビビンバ

味にアクセントをつけるために発酵させた「乳酸キャベツ」を加えましょう。トマトやカボチャのきれいな彩りも魅力的。

肉そぼろが味の決め手! 野菜もたっぷりとれるコクうまビビンバ5選 画像(10/5) 「カラフルビビンバ」

そぼろビビンバ

たっぷり入ったすりごまのこうばしい香りがGOOD。キムチとそぼろをよくかき混ぜて、味をしっかりとしみ込ませてから食べてくださいね。

肉そぼろが味の決め手! 野菜もたっぷりとれるコクうまビビンバ5選 画像(15/5) 「そぼろビビンバ」

今回紹介した料理は、辛いものからマイルドな味までバリエーション豊富。子どもでも大人でもおいしく食べられるメニューが揃っているので、シーンにマッチした料理を作ってみては?