みそ汁よりもあっさり♪ 梅雨でもさらっと飲める月~金のお吸いもの 画像(1/5) 「わかめと半熟卵のすまし汁」

暑い時期は食欲が落ちてしまうことも。今回はそんな時におすすめの、さらっと飲みやすいお吸いもの5選をピックアップします。あっさりとした風味なので、蒸し暑い時期でも食べやすいのがうれしいところ。いつもはみそ汁という人も、気分をかえてお吸いものウィークにしてみませんか?

わかめと半熟卵のすまし汁

【材料・2人分】

だし汁 2カップ、酢 大さじ1、卵 2個、カットわかめ 小さじ2、しょうゆ 大さじ1、こしょう 少々

【作り方】

1. 鍋にだし汁、酢大さじ1を入れて中火にかける。煮立ったら、卵をそっと割り入れる。白身が広がらないように菜箸でまとめながら約1分煮る。卵の表面が固まったら、カットわかめ小さじ2を加え、しょうゆ大さじ1、こしょう少々を加える。

(1人分94Kcal、塩分2.1g)

お鍋ひとつでできる、お手軽すまし汁。ポイントはだし汁と一緒に酢を火にかけておくことです。卵が固まりやすくなるだけでなく、さっぱりとした仕上がりに。食べる時はお好みの時に半熟卵を崩して、味に変化をつけるのもいいですね。

ねぎたま汁

たっぷりのねぎを使って、かきたま汁ならぬ“ねぎたま汁”にチャレンジ。片栗粉でとろみをつけて、からみやすくしましょう。

みそ汁よりもあっさり♪ 梅雨でもさらっと飲める月~金のお吸いもの 画像(3/5) ねぎと卵が相性抜群♪「ねぎたま汁」

しょうがたっぷりいり豆腐汁

しょうがには体を温める作用があるので、肌寒い日にもぴったりです。もめん豆腐でプラスすることで食べごたえもアップ。

みそ汁よりもあっさり♪ 梅雨でもさらっと飲める月~金のお吸いもの 画像(6/5) 「しょうがたっぷりいり豆腐汁」

塩昆布とオクラのとろみ椀

準備するものはオクラ・塩昆布・しょうゆだけでOK。あっという間にできるのに、料亭風の上品な味わいになります。

みそ汁よりもあっさり♪ 梅雨でもさらっと飲める月~金のお吸いもの 画像(10/5) 「塩昆布とオクラのとろみ椀」

わかめとえのきのお吸いもの

うまみが豊富なえのきたけと白だしを利用すれば、こまかな味つけは必要ありません。最後に三つ葉をのせて見た目よく。

みそ汁よりもあっさり♪ 梅雨でもさらっと飲める月~金のお吸いもの 画像(15/5) 「わかめとえのきのお吸いもの」

どのお吸いものも100kcal以下なので、カロリー制限中の食事としても役立ちます。簡単にできるので、時短料理としても便利。