お盆休み中の昼食はこの作り置きにおまかせ!「ふっくら塩どりストック」 画像(1/2) 裂いてストックしておけば使いみちが広がる!

とり胸肉に塩をふり、電子レンジでチンするだけの「ふっくら塩どりストック」。その名のとおりふっくらジューシーな蒸しどりは、ひやむぎや冷やしうどん、冷やし中華などに添えるだけでごちそう感&食べごたえがアップする、優秀すぎる作り置きメニューです。シンプルな味つけなので、和洋中どんなメニューとも好相性。冷茶をかけてお茶漬けにしたり、マヨネーズであえてサンドイッチにしてもおいしいですよ。お盆休みのお昼ご飯は、「ふっくら塩どりストック」におまかせを!


ふっくら塩どりストック

【材料】(作りやすい分量・4人分)

とりむね肉 2枚(約400g)、しょうが 1かけ、塩、酒


【下ごしらえ】

1.とり肉は塩小さじ2を全体にすり込み、20分おく。


【作り方】

1.しょうがは薄切りにする。

2.耐熱皿にとり肉を並べ入れて酒大さじ1をふり、しょうがをのせてふんわりとラップをかけ、500Wの電子レンジで約5分加熱する。そのまま余熱で火を通し、よくさまし、皮を除く。

※手で細かく裂いて、ファスナーつき保存袋に入れて冷凍庫で保存する。約2週間保存可能。解凍してそのまま食べるときは、耐熱皿にのせ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで100gにつき約2分加熱する。

(1人分546kcal、塩分6.4g)


ゆでた中華麺に塩とごま油、「ふっくら塩どりストック」を混ぜて黒こしょうをふれば、ごま油の香りが食欲をそそる「中華とりそば」の完成! 

お盆休み中の昼食はこの作り置きにおまかせ!「ふっくら塩どりストック」 画像(3/2) 【写真を見る】「ふっくら塩どりストック」があれば、お昼ご飯もあっという間に完成です