ピリ辛で刺激的! おかずにもなる「肉のせサラダ」5選 画像(1/5) 「ゆでどりと豆のサラダ」

サラダをボリュームアップさせたい時は、ゆでた肉をプラスしてみましょう。野菜だけのサラダよりもうまみが増し、メインディッシュ級のおいしさが生まれます。今回は、ピリ辛味の肉のせサラダ5選をご紹介。赤とうがらしやタバスコといった香辛料を駆使して作り、刺激的な味わいを楽しんでくださいね。

ゆでどりと豆のサラダ

【材料・2人分】

とりもも肉 小1枚(約200g)、レタス 4枚、ミックスビーンズ 100g、サルサソース(玉ねぎのみじん切り 1/4個分、カットトマト缶 1/4缶[約100ml]、トマトケチャップ、酢 各大さじ1、砂糖 大さじ1/2、タバスコ、塩 各少々)、酒、塩

【作り方】

1. 鍋に水1カップを入れて火にかけ、沸騰したら酒大さじ2、塩小さじ1/4を加える。再び沸騰したらとり肉を入れ、ふたをして弱火にし、7~8分ゆでる。取り出して粗熱をとり、1.5cm幅の棒状に切る。

2. サルサソースの材料を耐熱ボウルに入れて混ぜ、ラップをかけずに電子レンジで約3分加熱する。取り出して粗熱をとる。サルサソースの材料をよく混ぜ合わせておくことで、電子レンジ加熱でもしっかり味がなじむ。

3. レタスは細切りにしてボウルに入れ、ミックスビーンズを加えてざっと混ぜる。器に盛って1のとり肉をのせ、2をかける。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分321Kcal、塩分1.0g、調理時間15分)

ホクホクした豆と、ジューシーなとりむね肉の食感がたまりません。どちらの食材にも良質なたんぱく質が豊富に含まれているので、栄養バランスもバッチリ。サルサソースをたっぷりからめていただきます。

ゆで豚サラダ

サルササラダのきゅうりやセロリ、ピーマンは大きさをそろえてカット。食べやすくなるだけでなく、見た目もよく仕上がります。

ピリ辛で刺激的! おかずにもなる「肉のせサラダ」5選 画像(3/5) 白ワインビネガーの風味がGOOD!「ゆで豚サラダ」

牛しゃぶしゃぶのエスニック風サラダ

はるさめと牛肉は1つの鍋でゆでると、調理時間の短縮につながります。味が薄まらないよう、ざるに上げたらしっかり湯をきって。

ピリ辛で刺激的! おかずにもなる「肉のせサラダ」5選 画像(6/5) 「牛しゃぶしゃぶのエスニック風サラダ」

豚肉のタイ風サラダ

豚肉のゆで汁にレモン汁とナンプラー、塩を入れてコクのあるドレッシングに。熱いうちに野菜を加えて全体を混ぜましょう。

ピリ辛で刺激的! おかずにもなる「肉のせサラダ」5選 画像(10/5) 「豚肉のタイ風サラダ」

豚しゃぶのサルサラダ

赤、緑、黄色と3色そろった彩り豊かな1品。めんつゆ入りでほんのり和のテイストを感じるソースがクセになります。

ピリ辛で刺激的! おかずにもなる「肉のせサラダ」5選 画像(15/5) 「豚しゃぶのサルサラダ」

オリジナルのドレッシングやソースで食べる肉のせサラダは、“ごちそう感”抜群。家飲みやホームパーティーなどで用意すれば、ゲストをきっと喜ばせられるはずですよ。