安価な食材が大変身! とりむね肉で簡単&おしゃれなイタリアン5選 画像(1/5) 「クリーミーとりむねソテー」

お財布にもやさしい食材として重宝するとりむね肉。食卓によく登場するだけに、バリエーションを増やしたいところですよね。そこで今回は、とりむね肉を使って本格イタリアンを再現するアレンジ料理5選を紹介します。メインディッシュにもお弁当のおかずにもなるので、献立に困ったときはぜひ活用してみては?

クリーミーとりむねソテー

【材料・2人分】

とりむね肉(皮なし)、大1枚(約250g)、しめじ 1パック(約100g)、玉ねぎ 1/2個、白ワイン 70ml、塩、粗びき黒こしょう、小麦粉、オリーブ油、バター

【作り方】.

1. しめじは小房に分ける。とり肉は7~8mm厚さのそぎ切りにし、塩、こしょう各少々をふり、小麦粉を薄くまぶす。玉ねぎは縦5mm幅に切る。とり肉は小麦粉をまぶしてから焼くと、ソースとのからみがよくなり、しっとり仕上げられる。

2. フライパンにオリーブ油大さじ2を熱し、とり肉を並べ入れる。途中、上下を返し、両面に焼き色がついたらしめじ、玉ねぎを入れて炒め合わせる。

3. 油がまわったら、ワイン、バター20g、塩小さじ1/4弱を加えて強火にし、汁けが少なくなるまで煮る。

(1人分411Kcal、塩分2.0g)

とり肉は小麦粉をまぶしてから焼くと、ソースとよくからみます。また、下ごしらえをするときは「そぎ切り」にすることで筋が短く切れて食べやすさがUP。白ワインとバターの香りが食欲を増してくれる1品です。

ミラノ風チキンカツレツ

火の通りを均一にするため、とり肉はめん棒でたたいて薄くのばしておきましょう。パン粉も同様に軽くたたいておくと、サクサクした食感のころもができ上がり。

安価な食材が大変身! とりむね肉で簡単&おしゃれなイタリアン5選 画像(3/5) チーズたっぷりのころもをこうばしく揚げた「ミラノ風チキンカツレツ」

とりとなすのラタトゥイユ

とり肉と野菜は、炒めたあとに煮こむと香りよく仕上がります。ホールトマトは実の部分だけでなく、缶に残った汁も使うと味がよくしみこむのでおすすめ。

安価な食材が大変身! とりむね肉で簡単&おしゃれなイタリアン5選 画像(6/5) 「とりとなすのラタトゥイユ」

とりとパプリカのアーリオオーリオ炒め

パプリカといんげんがカラフルで見た目にもうれしいメニュー。にんにくはいったん取り出してカリカリのチップにすることで、たっぷり食べられますよ。

安価な食材が大変身! とりむね肉で簡単&おしゃれなイタリアン5選 画像(10/5) 「とりとパプリカのアーリオオーリオ炒め」

とり肉の白ワイン煮

とりむね肉は加熱によりパサつきやすいため、小麦粉をまぶして水分を閉じこめましょう。弱めの火加減でしっとり煮こむのがポイント。

安価な食材が大変身! とりむね肉で簡単&おしゃれなイタリアン5選 画像(15/5) 「とり肉の白ワイン煮」

にわとりはよく胸を動かす習性があるので、とりむね肉は脂肪が少ない肉質になります。季節の野菜と組み合わせれば1年中食卓で大活躍。ソースやトッピングの具材にひと手間加えるだけで、本格イタリアンの味が家庭でも楽しめますよ。