ナニコレ大人味! ご飯によく合う「ソーセージとさつまいものチーズ焼き」 画像(1/2) しょうゆ+粒マスタード味でご飯によく合う

さつまいもをおかずにするのって、むずかしくないですか? 甘さが邪魔してどうにも味がしまらないし、ご飯との相性もイマイチ……。そんなさつまいもを簡単においしいおかずに変える秘密が、「ソーセージとさつまいものチーズ焼き」の中にありました。秘密は、粒マスタードとしょうゆ。粒マスタードの酸味で味がキリリと引き締まり、さつまいもの甘みがほどよくまろやかに。さらにしょうゆが加わることで、コク深い大人の味わいに変化するのです。甘いおかずが苦手な人も、ぜひおためしを。ご飯にもパンにも、そしてお酒にも合う一品です。


ソーセージとさつまいものチーズ焼き

【材料】(2人分)

ウインナソーセージ 6本、ピザ用チーズ 50g、さつまいも 小1本(約200g)、玉ねぎ 1/2個、粒マスタード、しょうゆ


【作り方】

1.さつまいもは皮つきのまま7~8mm厚さの輪切りにする。水にくぐらせて耐熱皿に並べ、ふんわりとラップをかけて500Wの電子レンジで約3分30秒加熱する。玉ねぎは1cm幅のくし形に切り、ソーセージは斜め半分に切る。

2.ボウルに粒マスタード大さじ1としょうゆ小さじ2を合わせ、1を加えてよく混ぜ合わせる。

ナニコレ大人味! ご飯によく合う「ソーセージとさつまいものチーズ焼き」 画像(3/2) 【写真を見る】粒マスタードとしょうゆを合わせたところに具材を加え、味がなじむようによく混ぜ合わせる

3.耐熱容器に2を広げて入れ、ピザ用チーズをかける。オーブントースターで、こんがりと焼き色がつくまで6~7分焼く。

(1人分444kcal、塩分2.7g、調理時間15分)