フライパンで作るから簡単! ボリュームたっぷり「〇〇風」すき焼き5選 画像(1/5) 「韓国風すき焼き」

体の芯まで温まるすき焼きは寒い季節にぴったりの料理。鍋で作るのが一般的ですが、フライパンを活用するとより手軽に調理できます。今回はフライパンを使った「〇〇風」すき焼きを5つご紹介。新しい味わいに出会えるメニューばかりなので、ぜひチャレンジしてくださいね。

韓国風すき焼き

【材料・2人分】

牛切り落とし肉 150g、卵 1個、大根 1/6本(約200g)にんじん 小1本、万能ねぎ 7本、合わせ調味料(おろしにんにく 1片分、白すりごま 大さじ1、豆板醤[トウバンジャン] 小さじ1/3、しょうゆ 大さじ2、砂糖、ごま油 大さじ1、酒 大さじ1/2)、ごま油

【作り方】

1. 牛肉は食べやすく切る。大根、にんじんは5cm長さの細切りにする。万能ねぎも5cm長さに切る。合わせ調味料を大さじ2とり、牛肉にからめる。残りは水1/2カップを加えて混ぜ合わせる。

2. フライパンにごま油大さじ1/2を熱し、牛肉をほぐしながら炒める。肉の色が変わってきたらフライパンの端3カ所に分けて寄せる。いったん火を止め、1の野菜も同様にフライパンの端3カ所に分けて並べる。牛肉はほぐしながらしっかり炒めることで、香ばしさがアップする。

3. 再び火にかけ、フライパンの中央に卵を割り落とす。白身が固まってきたら残りの合わせ調味料を野菜の上に回し入れ、野菜がやわらかくなるまで煮る。

(1人分463Kcal、塩分3.0g、調理時間20分)

煮る時間を調節して、好みのテイストに仕上げてもOK。具材を3カ所に分けて並べることで、見た目の華やかさがアップします。わりしたの量が減りすぎないように、煮るときの火加減には気をつけて。

洋風豚すき焼き

クレソンの香りが「わりした」の深いコクとベストマッチ。大きすぎるマッシュルームは縦半分に切ります。

フライパンで作るから簡単! ボリュームたっぷり「〇〇風」すき焼き5選 画像(3/5) トマトの控えめな酸みがアクセント!「洋風豚すき焼き」

中華風とりすき焼き

調味料にひと工夫加えた中華風味のすき焼き。とり肉は焼いてからキッチンばさみで切ると、包丁やまな板を手入れする手間がかかりません。

フライパンで作るから簡単! ボリュームたっぷり「〇〇風」すき焼き5選 画像(6/5) 「中華風とりすき焼き」

韓国風フライパンすき焼き

高コスパ食材のひき肉を使って韓国風に。肉と野菜に火が通ったら、卵をくずして混ぜ合わせましょう。

フライパンで作るから簡単! ボリュームたっぷり「〇〇風」すき焼き5選 画像(10/5) 「韓国風フライパンすき焼き」

関東風すき焼き

にんじんは薄い輪切りにすると、火が通りやすくなってGOOD。まろやかな口あたりの溶き卵と具材の相性が抜群な1品です。

フライパンで作るから簡単! ボリュームたっぷり「〇〇風」すき焼き5選 画像(15/5) 「関東風すき焼き」

ひと口にすき焼きといっても、いろいろなアレンジがあります。牛肉だけではなくとり肉や豚肉を応用して、飽きのこないローテーションを組んでみてはいかがでしょうか?