ミートボールでお腹も大満足♪ トマト缶で作る肉と野菜の煮もの5選

#食 
「白菜とミートボールのトマト煮」


一皿で肉と野菜を一緒に食べられる料理は、栄養バランス抜群。今回は、トマト缶で作る肉と野菜の煮もの5選を紹介します。

白菜とミートボールのトマト煮


【材料・2人分】

白菜 大3~4枚(約300g)、ミートボールだね(とりむねひき肉 150g、玉ねぎのみじん切り 1/2個分、塩 小さじ1/4、こしょう 少々、水 大さじ1)、しめじ 1パック(約100g)、ホールトマト缶 1缶(約400g)、白ワイン 大さじ1、塩、こしょう

【作り方】

1. 白菜は縦2~3等分に切って、横2cm幅に切る。しめじは小房に分ける。ホールトマトは缶汁ごとボウルに入れ、手で細かく潰す。

2. 別のボウルにミートボールだねの材料を入れてよく練り混ぜ、6等分にして丸く形づくる。

3. 鍋に白菜を広げ入れ、ミートボールを上に並べ、あいたところにしめじを散らす。ホールトマトを缶汁ごと、ワイン、塩小さじ1/2、こしょう少々も入れ、ふたをして火にかけ、煮立ったら弱火にして7~8分煮る。全体を混ぜてふたをし、さらに約4分煮る。素材は油で炒めず、初めからトマト缶の水分で蒸し煮にすることで、肉のうまみを野菜に移し、凝縮させる。

4. 器に盛って、好みでパセリのみじん切りを散らしても。

(1人分230Kcal、塩分2.3g)

ミートボールだねの混ぜ方があまいと、煮込んでいる最中に割れてしまうことも。なめらかな口当たりに仕上げるため、ひき肉の形がなくなるまでよく混ぜましょう。トマト缶の水分で蒸し煮にすれば、うまみたっぷりの味わいに。

ミートボールときのこのトマト煮


ミートボールを焼いたあと余分な油分をペーパータオルで拭くと、煮る時にアクが出にくくなります。カロリーカットにもつながるので、ていねいに拭き取ると◎。味つけには少量の砂糖を加え、まろやかさをプラスします。

2種のきのこで食べごたえじゅうぶん!「ミートボールときのこのトマト煮」


ミートボールとカリフラワーのトマト煮


肉だねには定番の材料に加え、パセリや粉チーズを使うことでコクと風味をアップ。粘りが出るまでしっかり練ってから成形してください。やわらかいミートボールと、歯ごたえのよいカリフラワーの食感の違いを楽しんでみては?

「ミートボールとカリフラワーのトマト煮」


ミートボールのトマト煮


セロリやなす、パプリカといった野菜をどっさり入れて、具だくさんのトマト煮に。焼き色がつくまで焼いたミートボールはいったん取り出し、野菜がある程度煮えてから戻し入れます。器に盛りつけたら、好みでパセリのみじん切りを散らしてもOK。

「ミートボールのトマト煮」


牛ミートボールのトマト煮


ひき肉を使わず、牛切り落とし肉でミートボールを作ってボリュームを出しましょう。塩、こしょう、玉ねぎと練り混ぜるうちに脂がなじみ、丸めやすくなります。焼きつける際は白ワインをふり、芳醇な香りをまとわせるとGOOD。

「牛ミートボールのトマト煮」


家庭の常備缶・トマト缶を上手に使い、絶品メニューにアレンジしてくださいね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //