5日間おいしさキープ! 「野菜の海水漬け」が超便利 画像(1/2) 塩水に漬けることで程よく下味がつく

「野菜の海水漬け」は、その名のとおり塩水に野菜を漬けるだけの簡単レシピ。みずみずしさはそのままに、日ごとにおいしさが増していくのは昆布のおかげ。冷蔵庫で5日間ほど保存できるので、そのままお漬けもののようにして食べたり、お弁当の彩り部隊としても活躍します。水けをきり、しょうがとごま油をプラスして中華風に、ツナやマヨネーズとあえて洋風にとアレンジも自由自在なので、いろいろな種類の野菜を漬けておくと便利ですよ。


夏野菜の海水漬け

【材料】(作りやすい分量)

きゅうり 3本、にんじん 1/2本、なす 3個、みょうが 4個、キャベツ 小1/4個(約200g)、赤とうがらし 1本、昆布(5×5cm) 4枚、塩水(水 5カップ、塩 大さじ2)


【作り方】

1.きゅうりはへたを落とす。にんじんは縦半分に、なすはへたを落として縦半分に切る。

2.大きめの保存容器に1、みょうがとキャベツはそのまま入れる。昆布、とうがらしをのせ、塩水を注いでふたをし、冷蔵庫で一晩漬けおく。※冷蔵庫で4~5日間保存可能。食べやすく切り、漬けものとして食べてもおいしい。

(全量で184kcal、塩分4.9g)