刺身を使ってお手軽に♪ 春が旬の「かつお」を使ったおかず5選

#食 
「かつおの照り焼き」


旬を迎えるかつおは栄養が豊富で、様々な料理に大活躍します。今回は食卓をさらにグレードアップしたい人におすすめの、かつおを使ったおかず5選をご紹介。

かつおの照り焼き


【材料・2人分】

かつお 1/2節(250g)、しめじ 1/2パック(50g)、塩、こしょう 各少々、小麦粉 適宜、サラダ油 大さじ1、甘じょっぱだれ 大さじ3と1/2

【下ごしらえ】

1. 甘じょっぱだれ(約350ml分)を作る。鍋に酒、しょうゆ各1/2カップ、みりん3/4カップを合わせ、ひと煮立ちさせる。※さましてから保存する。保存の目安は冷蔵で約2週間。

【作り方】

1. しめじは粗くほぐす。かつおは1.5cm厚さにそぎ切りにして塩、こしょうをふり、小麦粉を薄くまぶす。

2. フライパンに油を熱し、かつおの両面を焼きつけ、フライパンのあいたところでしめじをさっと焼く。

3. 2に火が通ったら弱火にし、甘じょっぱだれを加えてからめる。

(1人分320Kcal)

たれを染みこませたかつおに、コリコリ食感のしめじを添えた味わい深い照り焼き。かつおの両面を焼きつけたら、しめじも一緒に入れて焼きます。味の決め手となる甘じょっぱだれを、具材にたっぷり絡めて召し上がれ。

かつおステーキ和風マスタードソース


甘さを引き立たせるために、玉ねぎは先に炒めてください。香ばしいかつおステーキは、レモンと合わせることで味にアクセントがつきGOOD。夜ごはんのメインおかずやおつまみにもピッタリで、子どもから大人までおいしくいただけます。

レモンをかけてさらにおいしく!「かつおステーキ和風マスタードソース」


かつおの照り焼き


かつおのうまみを惜しむことなく活かした、食べ応え抜群なメニュー。豆板醤の辛みとかつおの相性がよく、ピリッとした味わいが病みつきになります。仕上げにねぎのせん切りを添えれば、見た目が鮮やかになり食卓の彩りも◎

「かつおの照り焼き」


かつおのステーキ


かつおを焼く時は火加減と時間に注意します。強火で20~30秒間加熱すると、表面はカリッとした食感に。噛めば噛むほどうまみが溢れてご飯が進むので、夕食のメインディッシュにうってつけのレシピです。

「かつおのステーキ」


かつおのステーキ玉ねぎソース


ソースにつけた玉ねぎが絶妙な食べ応えを演出。下味をかつおの全面にしっかりなじませれば、臭みが取れて風味がよい仕上がりになります。フレッシュな味を楽しむことができ、お酒との相性もバッチリ。

「かつおのステーキ玉ねぎソース」


かつおには不飽和脂肪酸のEPA、DHAが豊富。DHAは脳の働きをよくする効果もあるとされています。栄養満点なかつおを使って、春の食卓を満喫してみては?

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //