まぐろの刺身を簡単アレンジ! 覚えておきたい「見映えカルパッチョ」 画像(1/3) 「まぐろの和風カルパッチョ」

しょうゆとわさびでいただくまぐろも絶品ですが、オリーブ油やポン酢も捨てがたいですよね。今回はさっぱり味に仕立てたまぐろのカルパッチョ3選をご紹介。

まぐろの和風カルパッチョ

【材料・2人分】

まぐろ(刺し身用) 1さく(約150g)、長ねぎ 1/2本、貝割れ菜 1/2パック、たれ(ゆずこしょう 小さじ1、酢 大さじ1、ごま油 大さじ1/2、しょうゆ 小さじ1)、塩

【作り方】

1. まぐろは塩少々をふって15分以上おき、ペーパータオルで水けをよくふく。こうすることで余分な水分が出て身がしまり、うまみも凝縮する。5mm厚さのそぎ切りにする。ねぎは芯(しん)を除いてせん切りにし、水に放して水けをきり、しらがねぎにする。貝割れ菜は長さを半分に切る。たれの材料は混ぜる。

2. 皿にまぐろを並べ、しらがねぎと貝割れ菜をざっと混ぜてのせ、たれを回しかける。

(1人分153kcal、塩分1.2g)

まぐろは塩を少々ふって15分以上おき、ペーパータオルで水けを拭いておきましょう。水分を取り除くことで身がしまり、まぐろのうまみを凝縮できます。ゆずこしょうで作るたれの風味を楽しみながらめしあがれ。

まぐろの玉ねぎポン酢ソースがけ

まぐろとシャキシャキの玉ねぎを使った魚介のカルパッチョ。ごま油に野菜を加えたら、粗熱がとれるまでおいておきましょう。野菜に油がなじみ、一体感のあるソースになります。最後にみじん切りにしたしょうがとにんにくで、こうばしい香りに仕上げたらできあがり。

まぐろの刺身を簡単アレンジ! 覚えておきたい「見映えカルパッチョ」 画像(3/3) しょうがとにんにくの風味で食欲アップ!「まぐろの玉ねぎポン酢ソースがけ」

まぐろのキムチカルパッチョ

アボカド、トマト、まぐろをそれぞれ7mmの厚さにカットします。刻んだキムチにオリーブ油を混ぜあわせることで、料理にコクがプラス。さらりと軽いオリーブ油は、ピリッとしたキムチとも相性抜群です。好みで最後に“追いオリーブ油”をかけるのも◎

まぐろの刺身を簡単アレンジ! 覚えておきたい「見映えカルパッチョ」 画像(6/3) 「まぐろのキムチカルパッチョ」

まぐろの赤身には鉄分が多く含まれているため、貧血が気になる人にもおすすめ。この機会に、旬のまぐろを存分に堪能してみてはいかが?