時間のない朝でもパパっと調理! バリエ豊富な豚肉の簡単弁当 画像(1/5) 「中華風豚しゃぶ弁当」

毎朝のお弁当作りは、スピードが命。市販の冷凍食品で時短する人も多いと思いますが、食べ盛りの子どもにはなるべくボリューム満点の手作り弁当を作ってあげたいですよね。そこで今回は、豚肉を使った簡単弁当をご紹介。豚肉料理のレパートリーを増やしつつ、時短テクニックも一緒に学んでいきましょう。

中華風豚しゃぶ弁当

【材料・1人分】

豚ロースしゃぶしゃぶ用肉 80g、卵液(溶き卵 1個分、にんじんのすりおろし 大さじ1、酒、みそ 各小さじ1/2)、ブロッコリー 4房、ご飯 茶碗1杯分、ピーナッツのみじん切り 大さじ1、中華だれ(オイスターソース 小さじ1、おろししょうが、しょうゆ、ごま油 各小さじ1/2)、ポン酢じょうゆ 小さじ1、塩、サラダ油、紅しょうが

【下ごしらえ】

1. ブロッコリーは大きければ縦半分に切る。

2. 卵液の材料を混ぜ合わせる。

【作り方】

1. 卵焼き器に湯を沸かして塩を入れ、ブロッコリーをゆでる。途中上下を返して約40秒ゆでたらざるに上げる。続けて豚肉を1枚ずつ入れてゆで、色が変わったら同様にざるに上げる。湯は捨てる。

2. 中華だれの材料をボウルに入れて混ぜ、1の豚肉を加えてあえる。ブロッコリーは粗熱がとれたら別のボウルに入れ、ピーナッツ、ポン酢じょうゆを加えてあえる。

3. 卵焼き器に油少々を全体になじませ、卵液の半量を流し入れる。表面が固まったら奥から手前に巻いて奥に寄せ、再び油少々をなじませて残りの卵液を流し入れ、手前に向かって巻く。冷めたら3等分に切る。

4. 弁当箱にご飯、2、3を詰める。好みで紅しょうがを添える。

(1人分638Kcal、塩分2.6g)

卵焼きはもちろん、ブロッコリーも豚しゃぶも卵焼き器ひとつで調理。フライパンや鍋などの余計な洗い物が出ないので、後片づけもラクチンです。お弁当の彩りも茶色・黄色・緑色の3色が揃って◎。好みで紅しょうがを添えれば、もっと華やかになりますよ。

豚しょうが焼き弁当

豚肉を炒めている間、ブロッコリーをアルミホイルに包んで蒸し焼きに。副菜を同時調理することで、お弁当作りの時短に繋がります。

時間のない朝でもパパっと調理! バリエ豊富な豚肉の簡単弁当 画像(3/5) 野菜たっぷりでヘルシーな「豚しょうが焼き弁当」

カラフル肉炒め弁当

調理時間はたったの5分。同時にできる作業をまとめ、さっと分けて仕上げることがポイントです。ご飯にしそ風味のふりかけをふってもGOOD。

時間のない朝でもパパっと調理! バリエ豊富な豚肉の簡単弁当 画像(6/5) 「カラフル肉炒め弁当」

もやしの肉巻き弁当

肉巻きとスナップエンドウ、にんじんを耐熱皿にのせ、ラップをかけて電子レンジでチン。1回のレンチンで完結するお手軽弁当です。

時間のない朝でもパパっと調理! バリエ豊富な豚肉の簡単弁当 画像(10/5) 「もやしの肉巻き弁当」

豚バラとなすのみそ炒めのっけ弁当

ご飯の上にみそ炒めをのせるだけ。具材は豚肉のほかに、なすや赤パプリカなどを使うので彩りもばっちりです。みその風味が食欲をそそるはず。

時間のない朝でもパパっと調理! バリエ豊富な豚肉の簡単弁当 画像(15/5) 「豚バラとなすのみそ炒めのっけ弁当」

一口に豚肉といっても、豚しゃぶやしょうが焼き、肉巻きなどバリエーションは豊富。さらに豚肉には疲労回復の効果もあるので、疲れやすい夏の季節にもおすすめですよ。