ランチに困ったら、冷凍うどんを使ったお手軽「焼きうどん」! 画像(1/5) 「ツナの焼きうどん」

子どもたちの夏休みがスタートし、毎日のお昼ごはん作りにうんざりしている人も多いはず。ボリュームたっぷりで野菜もしっかり摂れる焼きうどんなら、ランチのメニューにぴったりです。家にストックしてある冷凍うどんを活用すれば調理もらくちん。今回は食べ盛りの子どもも満足する「焼きうどん」レシピ5選を紹介していきます。

ツナの焼きうどん

【材料・2人分】

冷凍うどん 2玉、ツナ缶 小1缶(約80g)、にんじん 1/2本、レタス 2枚、もやし 1袋、サラダ油、しょうゆ、みりん、塩、マヨネーズ

【作り方】

1. にんじんは長さを半分に切って縦細切りにし、レタスは半分に切って7mm幅の細切りにする。

2. フライパンに湯を2~3cm深さで沸かし、うどんを入れる。ほぐれてきたらざっと混ぜて火を止め、ざるにあけて流水でぬめりを取り、水をしっかりきる(または、電子レンジで加熱し、ほぐして使っても。その場合は袋の表示に従って)。

3. フライパンに油大さじ1と1/2を熱し、にんじんを強火で炒める。油がまわったらもやしを加えてざっと炒め、ツナを缶汁ごと、しょうゆ、みりん各大さじ1と1/2を入れて炒め合わせる。うどんを加えて炒め合わせ、塩少々で調味する。

4. 器に盛ってレタスをのせ、マヨネーズ適宜を細く絞る。好みでラー油をかける。

※電子レンジは500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(1人分535Kcal、塩分3.4g)

甘辛じょうゆとマヨネーズのハーモニーがやみつきになる1品。シャキシャキとしたもやしとレタスの食感を楽しめますよ。買い置きしてあることの多いツナ缶や冷凍うどんを使うので、買いものに行けない日にもおすすめ。

カリカリ豚の焼きうどん

ザーサイを加えることで中華風な仕上がりに。カリカリとした豚肉がアクセントになっています。

ランチに困ったら、冷凍うどんを使ったお手軽「焼きうどん」! 画像(3/5) 酢の酸みで味を引きしめるのもGOOD!「カリカリ豚の焼きうどん」

スタミナ焼きうどん

オイスターソースの甘みと豆板醤の辛さが相性抜群です。豚肉とにらの栄養でスタミナもたっぷり。

ランチに困ったら、冷凍うどんを使ったお手軽「焼きうどん」! 画像(6/5) 「スタミナ焼きうどん」

うどんチャンプルー

こんがり焼いた豆腐がこうばしさをプラス。豆腐はペーパータオルで包んでおもしをおき、しっかりと水を切りましょう。

ランチに困ったら、冷凍うどんを使ったお手軽「焼きうどん」! 画像(10/5) 「うどんチャンプルー」

みそ焼きうどん

まったりとしたみそのうまみとごま油のコクで風味がアップ。おろしにんにくの香りが食欲をそそります。

ランチに困ったら、冷凍うどんを使ったお手軽「焼きうどん」! 画像(15/5) 「みそ焼きうどん」

冷凍うどんの多くは自然解凍するとコシがなくなり、口あたりもボソボソとしてしまいます。商品パッケージなどに記載されている正しい方法で解凍し、おいしい焼きうどんを作ってくださいね。