夏バテ予防の作り置き! 炭酸水で割ってさわやか「フルーツシロップ」 画像(1/3) サイダーやお酒で割って

夏休みに入り、プールや部活動などで日中に外で過ごすことが増える子どもたち。発汗によって失ったミネラルを補い、疲労回復を助けるクエン酸をたっぷり含むドリンクのもと「フルーツシロップ」を作り置きして、夏バテ対策に役立てましょう。果物は好みのものを使ってもOKですが、その際にはレモンなどの柑橘類やキウイなどのクエン酸を多く含む果物がおすすめです。炭酸水やサイダーで割って、家族みんなでおいしく夏バテ予防を!

フルーツシロップ

【材料】(作りやすい分量・約1.5kg)

りんご 2個、オレンジ 1個、水 3カップ、グラニュー糖 大さじ8、シナモンスティック 1~2本


【作り方】

1.りんごは皮ごと8~10等分のくし形切り、オレンジは皮をむいて1cm厚さの輪切りにし、あき瓶などに詰める。

2.小鍋に水、グラニュー糖、シナモンスティックを入れて火にかけ、沸騰したら弱火にし、2~3分煮る。火を止めてそのまま粗熱をとり、1に注ぐ。※冷蔵庫で3~4日保存可能。

(全量で720kcal)

夏バテ予防の作り置き! 炭酸水で割ってさわやか「フルーツシロップ」 画像(3/3) フルーツシロップは、お酒で割ると簡単“サングリア”風。お酒が飲めない人や子どもはサイダーで割って楽しんで