使い勝手◎ 副菜やお弁当に活用できる「簡単キャロットラぺ」 画像(1/5) 「キャロットラペベトナム風」

「キャロットラペ」はフランスで定番の家庭料理。作り方は細切りにしたにんじんをドレッシングであえるだけなのでとっても簡単です。鮮やかなビタミンカラーが魅力のキャロットラペなら、副菜としてはもちろんお弁当やおもてなしなどさまざまなシーンで活躍しますよ。

キャロットラペベトナム風

【材料・3~4人分】

にんじん 2本、香菜(シャンツァイ)適量、ピーナッツ 大さじ1、ドレッシング(桜えび 大さじ3、おろしにんにく 1/2片分、レモン汁 大さじ2、ナンプラー 大さじ2と1/2、砂糖 大さじ1と1/2)、酒、しょうゆ、ごま油、塩

【作り方】

1. にんじんは5~6cm長さの細切りにする(スライサーを使うとラク。またチーズおろし器を使うと表面が凸凹になって味がなじみやすくなるので、使っても)。ピーナッツは粗く刻む。香菜は5mm幅に切る。桜えびは粗く刻み、ほかのドレッシングの材料と混ぜ合わせる。

2. ボウルににんじんとドレッシングを入れ、手でもみ込むように混ぜる。ボウルににんじんとドレッシングを入れ、しんなりするまで手でしっかりもみ込むことで、味がなじんでおいしくなる。

3. にんじんがしんなりしたら、ピーナッツを加えてさらに手でよく混ぜ、香菜を加えてざっとあえる。

4. 汁ごと、密閉容器に入れる。

(1人分86Kcal、塩分2.5g)

ナンプラーで味つけをしてベトナム風に仕上げます。ピーナッツの食感とにんじんのシャキシャキ感がクセになりそう。にんじんをあえるときは、しんなりするまでしっかりもみ込むのがポイントです。

にんじんのヨーグルトラペ

ヨーグルトのコクがおいしさを引き立てます。にんじんをせん切りにしたら塩をふってもみ、水けを絞ってください。

使い勝手◎ 副菜やお弁当に活用できる「簡単キャロットラぺ」 画像(3/5) オリーブ油のまろやかな香りが◎「にんじんのヨーグルトラペ」

にんじんレモンラペ

ビネガーの代わりにレモンを使った1品。レモンは皮をよく洗い、薄いいちょう切りにします。

使い勝手◎ 副菜やお弁当に活用できる「簡単キャロットラぺ」 画像(6/5) 「にんじんレモンラペ」

アボカドキャロットラペ

オレンジの甘みとにんじんのうまみが相性抜群です。アボカドの緑で彩りがさらにアップ。

使い勝手◎ 副菜やお弁当に活用できる「簡単キャロットラぺ」 画像(10/5) 「アボカドキャロットラペ」

キャロットラペ

5分で作れるので時間がないときの食事作りにおすすめ。りんごのさわやかな香りがアクセントになっています。

使い勝手◎ 副菜やお弁当に活用できる「簡単キャロットラぺ」 画像(15/5) 「キャロットラペ」

常備野菜として人気のにんじんは、カロテンやビタミンCなどの栄養素が豊富に含まれています。買うときは皮の色つやがよく、ずっしりとしたものを選びましょう。