基本から応用まで!  おいしく仕上がる「焼き&蒸しとうもろこし」を作る方法 画像(1/5) 「スパイシーとうもろこし」

6~8月にかけて旬を迎える「とうもろこし」。スーパーに並びだすと夏の訪れを感じて、少しワクワクしますよね。今回はとうもろこしを堪能できる焼き&蒸しの基本をおさらいします。ピリ辛味や居酒屋風といったさまざまなレシピの中から、好みの味を見つけてみましょう。

スパイシーとうもろこし

【材料・2人分】

とうもろこし 1本、サラダ油 小さじ1、水 大さじ2、バター 10g、しょうゆ 小さじ1、塩、粗びき黒こしょう、タバスコ 各少々

【作り方】

1. とうもろこしは長さを4等分にし、縦半分に切る。

2. フライパンにサラダ油小さじ1を中火で熱し、とうもろこしを入れて上下を返しながら約2分焼く。実を下にして水大さじ2をふり、ふたをして弱火で約3分蒸し焼きにする。バター10g、しょうゆ小さじ1、塩、粗びき黒こしょう、タバスコ各少々を加え、さっと炒める。

(1人分127Kcal、塩分0.8g)

焼いたとうもろこしにバターやしょうゆ、粗びき黒こしょう、タバスコなどを加えることでワンランクアップした味わいに。とうもろこしの甘さとタバスコの辛さが相性抜群です。スパイシーなとうもろこしはおつまみにもぴったり。

ゆでとうもろこし

とうもろこしをラップで包んだら、電子レンジで加熱するだけ。素材の味を楽しめるシンプルな1品です。

基本から応用まで!  おいしく仕上がる「焼き&蒸しとうもろこし」を作る方法 画像(3/5) レンジでらくちん調理!「ゆでとうもろこし」

レンジとうもろこしのバターじょうゆ

しょうゆのこうばしい風味が食欲をそそります。煮詰めたしょうゆがアツアツのうちにバターを加えてください。

基本から応用まで!  おいしく仕上がる「焼き&蒸しとうもろこし」を作る方法 画像(6/5) 「レンジとうもろこしのバターじょうゆ」

焼きとうもろこしのバル風

にんにくとチーズで作るバル風のとうもろこし。レモンのさわやかな酸みが味の決め手です。

基本から応用まで!  おいしく仕上がる「焼き&蒸しとうもろこし」を作る方法 画像(10/5) 「焼きとうもろこしのバル風」

とうもろこしのケチャップ焼き

トマトケチャップを使うことで子どもが大好きな味に変身します。手軽に作れるので、お弁当の隙間おかずとしても◎

基本から応用まで!  おいしく仕上がる「焼き&蒸しとうもろこし」を作る方法 画像(15/5) 「とうもろこしのケチャップ焼き」

とうもろこしは皮の緑色が濃く、ひげは褐色か黒褐色のものが完熟している印。粒が大きく揃っていて、実が先端までびっしりついているものがおすすめです。