火を使わずにらくらく調理! 炊飯器を活用したボリューム満点「チキンライス」 画像(1/3) 「炊き込みチキンピラフ」

忙しい日や時間がないときは、なるべく面倒な作業のないメニューを作りたいですよね。そこで今回は炊飯器を活用したチキンライス3選をご紹介。フライパンや鍋などの大きな洗いものがでないので後片付けもらくちんです。とり肉のうまみが染みこんだチキンライスをめしあがれ。

炊き込みチキンピラフ

【材料・2人分】

とりむね肉 1枚(約250g)、にんじん 1/4本、セロリ 2/3本、レモン汁 1/4個分、米 1と1/2合、バター 10g、酒 大さじ1、洋風スープの素(顆粒)小さじ1/2、オリーブ油 大さじ1、塩、こしょう

【作り方】

1. 米は洗ってざるに上げる。とりむね肉は余分な脂を除き、塩小さじ1/4をふる。にんじんは1cm角に切る。

2. 炊飯器の内釜に米、バター、酒大さじ1、洋風スープの素小さじ1/2、塩小さじ1/4、こしょう少々を入れ、1と1/2合の目盛りまで水を注ぎ、ざっと混ぜる。とり肉、にんじんをのせ、普通に炊く。

3. セロリは斜め薄切りにし、塩小さじ1/4をふって混ぜ、約5分おく。水けをきり、オリーブ油大さじ1、レモン汁1/4個分、塩、こしょう各少々を加えて混ぜる。炊き上がったらとり肉を取り出してご飯を混ぜ、味をみて足りなければ塩で味をととのえる。器に盛り、とり肉を食べやすく切ってのせ、セロリを汁ごとかける。

(1人分701Kcal、塩分3.1g)

レモンのさわやかな酸みが味の決め手。とりむね肉は余分な脂を除き、塩をふりかけるのがポイントです。炊飯器の内釜に米やバター、酒、洋風スープの素、塩こしょう、とりむね肉、にんじんを入れて炊きましょう。

しっとりチキンライス

香菜とナンプラーを使ったエスニック風のチキンライスです。とり肉のしっとりとした歯ざわりがやみつきになりそう。

火を使わずにらくらく調理! 炊飯器を活用したボリューム満点「チキンライス」 画像(3/3) 赤とうがらしのピリッとした辛さが食欲をそそる!「しっとりチキンライス」

トマトカオマンガイ

タイの定番料理「カオマンガイ」をトマトでお手軽アレンジ。長ねぎとしょうがを加えて炊くことで、とり肉の臭みがとれます。

火を使わずにらくらく調理! 炊飯器を活用したボリューム満点「チキンライス」 画像(6/3) 「トマトカオマンガイ」

できあがったチキンライスは、ワンプレートできれいに盛りつけるとGOOD。おしゃれな見映えのレシピですが、とり肉を1枚使うので食べごたえもばっちりです。