お家でハワイ気分♪ 定番からアレンジまで簡単「ロコモコ」5選 画像(1/5) 「ロコモコ」

目玉焼きとハンバーグのコンビネーションが抜群な、ハワイのソウルフードである「ロコモコ」。ワンプレートの中で、南国気分を楽しめる1品です。栄養とボリュームが満点なので、お家だけでなくお弁当にもぴったり。今回は定番からアレンジしたものまで、ロコモコのレシピ5選をご紹介します。

ロコモコ

【材料・2人分】

ハンバーグ(合いびき肉 200g、玉ねぎのみじん切り 小1/2個分、生パン粉[またはパン粉]大さじ4、牛乳 大さじ3強、塩 小さじ1/4、こしょう 少々)、卵 2個、レタス 1~2枚、パイナップル(カットされたもの)50g、ご飯 茶碗大盛り2杯分、ソース(赤ワイン[または水]大さじ1、トマトケチャップ 大さじ2、ウスターソース 大さじ1と1/2、しょうゆ 小さじ1/4、バター 小さじ1/2)、サラダ油

【作り方】

1. フライパンに油少々を熱し、卵を1個ずつ割り入れ、弱火にする。卵白が固まり、卵黄が半熟になるまで約5分じっくり焼いて取り出す。フライパンはペーパータオルでさっとふく。

2. ハンバーグを作る。ボウルにパン粉と牛乳を入れて湿らせる。残りの材料をすべて入れ、粘りが出ない程度に手で均一に混ぜる。半量に分け、両手のひらで軽くたたきつけるようにして空気を抜き、1.5~2cm厚さの円形に整える。残りも同様にする。

3. フライパンに油小さじ2を熱し、2を並べ入れて約2分焼く。こんがりと焼き色がついたら返してふたをし、弱めの中火で5~6分蒸し焼きにする。中まで火が通ったら取り出す。

4. ソースを作る。3のフライパンの油をペーパータオルで軽くふき、ワインを入れて火にかける。ふつふつとしたらケチャップ、ウスターソース、しょうゆを加えてひと煮立ちさせ、仕上げにバターを加える。ソースは、ハンバーグを焼いたあとの肉汁も生かして作る。バターを少し入れるとコクが出る。

5. 容器にご飯を半量ずつ詰め、ハンバーグを各1個のせてソースを半量ずつかけ、目玉焼きを各1個のせる。レタスは食べやすくちぎって半量ずつのせる。パイナップルは大きければ一口大に切って半量ずつ串に刺して添える。こってり味のロコモコに添えたパイナップルは、串で刺しておくと食べやすい。

(1人分747Kcal、塩分2.9g)

ソースは、ハンバーグを焼いたあとの肉汁も活かして作りましょう。バターを少し入れるとコクがアップ。こってり味のロコモコに添えたパイナップルは、串で刺しておくと食べやすくなりますよ。

和風チキンロコモコ丼

しその風味がアクセントになって、食欲を刺激します。とりもも肉の余分な脂肪を取るのが、うまみを引き立たせる決め手。

お家でハワイ気分♪ 定番からアレンジまで簡単「ロコモコ」5選 画像(3/5) 黄身がとりもも肉によく絡む「和風チキンロコモコ丼」

メンチロコモコ風

メンチカツに入れるキャベツは、たっぷり混ぜるとふっくら軽い口当たりになります。完成したら、目玉焼きをのせて崩しながらめしあがれ。

お家でハワイ気分♪ 定番からアレンジまで簡単「ロコモコ」5選 画像(6/5) 「メンチロコモコ風」

ロコモコ丼

つけ合わせのミニトマトやレタスの色味が鮮やかで、見た目もおしゃれなどんぶりです。ハンバーグには、すりおろした皮つきにんじんを入れるのがポイント。

お家でハワイ気分♪ 定番からアレンジまで簡単「ロコモコ」5選 画像(10/5) 「ロコモコ丼」

ロコモコ丼風

ミートローフを使って、いつもと違ったロコモコ風になる1皿。オリーブ油をミートローフの表面にぬるのが、食感をなめらかにするコツです。

お家でハワイ気分♪ 定番からアレンジまで簡単「ロコモコ」5選 画像(15/5) 「ロコモコ丼風」

がっつりとしたお肉だけでなく、さっぱりした野菜も食べられるのがロコモコの魅力。ハワイでは定番の料理をマスターして、ジューシーな魅力を楽しんでくださいね。