捨てていたかぶの葉でもう1品! ご飯がすすむ「かぶの葉とひき肉のピリ辛炒め」 画像(1/3) うまみたっぷりのかぶの葉を使った、ご飯のお供にピッタリの1品

おいしいかぶが手頃な値段で手に入る季節になりました。せっかくみずみずしい葉がついているのに、使わずに捨ててしまっている人はいませんか? かぶの葉には、風邪予防に効果的なビタミンCやβ-カロテンが豊富に含まれているので、捨ててしまうのはもったいない! ピリ辛味でご飯がすすむご飯のお供「かぶの葉とひき肉のピリ辛炒め」を作ってみて。サッと作れる栄養豊富な一品で、元気な体をキープしましょう。


かぶの葉とひき肉のピリ辛炒め

【材料】(4人分)

豚ひき肉 100g、かぶの葉 3個分、豆板醤(トウバンジャン) 小さじ1/2、塩、サラダ油、酒、しょうゆ、ごま油


【作り方】

1.かぶの葉は粗みじん切りにし、塩小さじ1/2をふってもみ込み、約5分おいて、水をきつく絞る。

捨てていたかぶの葉でもう1品! ご飯がすすむ「かぶの葉とひき肉のピリ辛炒め」 画像(3/3) かぶの葉は、塩もみして水を絞ることで、うまみが凝縮され、適度に塩味もつく。

2.フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、ひき肉をほぐしながら炒める。色が変わりはじめたら豆板醤と、酒、しょうゆ各大さじ1を加えて味がなじむまで炒める。1のかぶの葉を加えてさっと炒め合わせ、ごま油小さじ1を回し入れて火を止める。

(1人分127kcal、塩分0.3g)