朝が起きるのが楽しみになる! りんご+砂糖で簡単「りんごジャム」 画像(1/4) 数種類のリンゴを混ぜて作ると、味が複雑になっておいしいのです

りんごがおいしい季節です。朝食はパン派、という人は、「りんごジャム」を作ってみては? 作り方はりんごを切って煮るだけと、とてもシンプルですが、1点だけ注意してほしいことが。それはジャム作りに使う鍋。ジャム作りには金けのあるアルミ製の鍋は向かないので、ホーロー製などの厚手の鍋を使ってくださいね。それさえ守れば、おいしいジャムは完成したも同然。寒くて布団から出たくない朝も、おいしいジャムがあればきっと目覚めがよくなるはず! 


りんごジャム

【材料】(800ml分)

りんご(つがる、ふじ、ジョナゴールドなど) 4個(約720g)、きび砂糖 430g、レモン汁 1個分


【作り方】

1.りんごは皮をむいて芯(しん)を除き、約3mm厚さのいちょう切りにする。

2.ホーロー製などの厚手の鍋に入れて、水90ml、レモン汁を回しかける。ジャム作りには、金けのあるアルミ製の鍋は向かない。

3.香りと食感を残すには、強めの中火で、絶えず鍋底からかき混ぜながら手早く煮る。

4.りんごが透き通って、しんなりしてくるまで、焦がさないようにかき混ぜながら煮る。多少煮くずれてはいるが、形は残っている状態。

朝が起きるのが楽しみになる! りんご+砂糖で簡単「りんごジャム」 画像(3/4) この状態まで煮たら、砂糖を加える

5.ここで砂糖を加える。砂糖の分量は、りんごの約60%にしているが、りんごの甘さによって、好みで調整しても。

6.砂糖を加えたら、焦げつかないように、また早く火を通すように、全体に混ぜながら、そのままの火加減で煮る。

7.沸騰直前からアクが出てくるので、取り除く。沸騰したら、そのままの火加減でさらに5~8分煮て、つやが出てきたら火を止める。

8.煮沸消毒した瓶に、あつあつのうちに入れる。あれば軍手を使用すると、作業がしやすい。

9.瓶にふたをしたら、逆様にしてさめるまでおき、空気を抜く。こうすると真空状態になり、日もちしやすい。

(カロリー全量で2064kcal)

朝が起きるのが楽しみになる! りんご+砂糖で簡単「りんごジャム」 画像(6/4) 煮沸消毒した瓶にあつあつのうちに入れ、ふたをしたら、逆さまにしてさめるまでおく