子どもと一緒に作っても◎ お祝い事におすすめの「手巻き」メニュー5選

#食 
「彩り手巻きサラダ」


春は子どもの入学や進級など、お祝いしてあげたいイベントが盛りだくさん。幸せムードを盛り上げるには、みんなで楽しく食べられる「手巻き」メニューがうってつけです。今回はバリエーション豊かな具材で作る「手巻き」のレシピを5つご紹介。どれも作り方は単純なので、子どもと一緒に用意してみるのもいいかもしれませんね。

彩り手巻きサラダ


【材料・2人分】

牛しゃぶしゃぶ用肉 50g、あじ(三枚におろしたもの) 1尾分、油揚げ 3枚、にんじん 1/6本、赤パプリカ 1/4個、万能ねぎの小口切り 3本分、おろししょうが 少々、貝割れ菜 1/2パック、青じそ 12枚、焼きのり 1枚、ポン酢オイル(ポン酢じょうゆ 1/4カップ、n3系油[えごま油、あまに油など] 大さじ2)

【作り方】

1. 牛肉は熱湯でさっとゆで、ざるにあけて、食べやすく切る。油揚げは横半分に切って、熱湯を回しかけ、開いて2つに切る。にんじんはせん切り、パプリカは3~4mm幅の細切りにする。あじは粗く切ってから、万能ねぎ、しょうがとともにたたいて刻む。のりは12等分にする。

2. 器に、1、貝割れ菜、しそを盛る。油揚げの上に好みの具をのせて巻き、ポン酢オイルをつけて食べる。油抜きした油揚げに、あじや牛肉、好みの野菜をのせて手巻きスタイルのサラダに。油揚げはボリュームもあり、満腹感も。ご飯を巻いても。

(1人分335Kcal、塩分1.7g)

色々な具材をボリュームたっぷりの油揚げで巻いたアイデア料理。あじや牛肉のほか、にんじんや赤パプリカなどの野菜を加えれば彩りも鮮やかに。もし物足りない場合はご飯を巻いてみるのもおすすめです。

変わり手巻き


ご飯を混ぜながらフレンチドレッシングをかけて、必要なら塩を加えましょう。あとは缶詰や野菜などと一緒に巻いていくだけ。

家にあるもので作れる「変わり手巻き」


ボリューム肉手巻き


パーティーにぴったりのバラエティ豊かな手巻き寿司。食べごたえのあるお肉を梅肉だれでさっぱり味つけして召し上がれ。

「ボリューム肉手巻き」


キャベツの手巻きご飯


甘辛く仕上げた豚肉とご飯を、キャベツで包んでいただきます。辛いのが苦手でない人はお好みで豆板醬をのせるのも◎

「キャベツの手巻きご飯」


バラエティー海鮮巻き


海の幸を簡単アレンジするだけでOK。まぐろのわさびじょうゆ漬けは30分~まる1日漬ける必要があるので、あらかじめ用意しておくといいですよ。

「バラエティー海鮮巻き」


手巻き寿司を作る際にもっとも重要なのがすし飯。ご飯にすし酢をかけるときはご飯粒をつぶさないように、しゃもじで切るように混ぜましょう。すし酢がいきわたったら、うちわであおいでしっかりとツヤを出すのも忘れずに。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)