ボリューム肉手巻き

ボリューム肉手巻き
ボリューム肉手巻き

パーティーにおすすめ! ボリュームのあるお肉を手巻きずしに♪ 梅肉だれでさっぱりと

材料

  • 基本のすし飯(5〜6人分)
  •  ・…3合
  •  ・すし酢
  •   ・酢…大さじ5
  •   ・砂糖…大さじ3
  •   ・塩…小さじ2
  • 北京ダック風(3〜4人分)
  •  ・とりもも肉…1枚(約250g)
  •  ・たれ
  •   ・おろしにんにく…1/2片分
  •   ・おろししょうが…1/2かけ分
  •   ・はちみつ、酒、しょうゆ…各大さじ1
  •   ・サラダ油…大さじ1/2
  •  ・塩、こしょう
  • スパムのピカタ風(3〜4人分)
  •  ・ランチョンミート缶…1/2缶(約170g)
  •  ・溶き卵…1/2個分
  •  ・サラダ油
  • ドライカレー(3〜4人分)
  •  ・合いびき肉…200g
  •  ・玉ねぎのみじん切り…1/2個分
  •  ・しょうがのみじん切り…1かけ分
  •  ・サラダ油、カレー粉、トマトケチャップ、塩、こしょう
  • 豚バラのさっと炒め(3〜4人分)
  •  ・豚バラ薄切り肉…200g
  •  ・サラダ油、塩、粗びき黒こしょう
  • 梅肉だれ(3〜4人分)
  •  ・梅干し…1個
  •  ・白すりごま、だし汁…各大さじ1
  •  ・しょうゆ…小さじ2強
  •  ・ごま油…小さじ1
基本のすし飯(5〜6人分)
 ・米…3合
 ・すし酢
  ・酢…大さじ5
  ・砂糖…大さじ3
  ・塩…小さじ2
北京ダック風(3〜4人分)
 ・とりもも肉…1枚(約250g)
 ・たれ
  ・おろしにんにく…1/2片分
  ・おろししょうが…1/2かけ分
  ・はちみつ、酒、しょうゆ…各大さじ1
  ・サラダ油…大さじ1/2
 ・塩、こしょう
スパムのピカタ風(3〜4人分)
 ・ランチョンミート缶…1/2缶(約170g)
 ・溶き卵…1/2個分
 ・サラダ油
ドライカレー(3〜4人分)
 ・合いびき肉…200g
 ・玉ねぎのみじん切り…1/2個分
 ・しょうがのみじん切り…1かけ分
 ・サラダ油、カレー粉、トマトケチャップ、塩、こしょう
豚バラのさっと炒め(3〜4人分)
 ・豚バラ薄切り肉…200g
 ・サラダ油、塩、粗びき黒こしょう
梅肉だれ(3〜4人分)
 ・梅干し…1個
 ・白すりごま、だし汁…各大さじ1
 ・しょうゆ…小さじ2強
 ・ごま油…小さじ1

下ごしらえ

  1. 米は洗ってざるにあけ、炊飯器の内釜に入れる。水540mlを加え、普通に炊く。
  2. ご飯が炊けたら飯台か大きめのボウルにあけ、すし酢の材料をよく混ぜて回しかける。ご飯に対してしゃもじを立て、ご飯の粒が潰れないよう、切るように混ぜては底からひっくり返す、を10回ほど繰り返す。

    ご飯をさましやすい飯台がおすすめですが、なければ大きめのボウルでも。ご飯粒を潰さないよう、しゃもじで切るように混ぜて。
  3. ご飯にすし酢がいきわたったら、うちわであおいでつやを出す。食べる直前まで、ぬれぶきんをかぶせておく。
  4. 梅肉だれを作る。梅干しは種を除き、包丁でたたいてボウルに入れ、白すりごま、だし汁、しょうゆ、ごま油を加えて混ぜる。

作り方

  1. 北京ダック風を作る。とり肉は厚い部分を開いて厚みを均一にし、皮目をフォークで刺して数カ所穴をあける。塩、こしょう各少々をすり込む。たれの材料を混ぜ、とり肉を約30分漬ける。
  2. 魚焼きグリルに、1を軽く汁けをきって、皮目を上にしてのせ、途中2〜3回、残ったたれをはけなどでぬりながら、約5分焼く。返して同様に焼き、もう一度返してたれをぬって約5分焼く。粗熱がとれたら、食べやすい大きさに切る。

    ●長ねぎの芯(しん)を除いてせん切りにした、しらがねぎを一緒に巻いても。
  3. スパムのピカタ風を作る。ランチョンミートは1cm厚さ、横半分に切り、溶き卵にくぐらせる。
  4. フライパンに油小さじ2を熱し、3を並べて、両面焼き色がつくまで焼く。

    ●レタスをちぎったものを一緒に巻いてもよい。
  5. ドライカレーを作る。フライパンに油大さじ1を熱し、玉ねぎ、しょうがを炒める。玉ねぎがしんなりしたらひき肉を加えて炒め、肉の色が変わったら、カレー粉大さじ2を加えてなじむまで炒める。
  6. ケチャップ大さじ3、水1/4カップ、塩小さじ1/2、こしょう少々を加えて、2〜3分、水分がほとんどなくなるまで煮詰る

    ●らっきょうの甘酢漬けを刻んだものを一緒に巻いてもよい。
  7. 豚バラのさっと炒めを作る。豚肉は一口大に切る。
  8. フライパンに油小さじ2を強火で熱し、7を並べて両面こんがりと焼き色がつくまで焼く。塩小さじ1/2、こしょう適宜をふる。
  9. ●基本のすし飯:1人分287kcal、塩分1人分2.0g
    ●北京ダック風:1人分159kcal、塩分1人分1.1g
    ●スパムのピカタ風:1人分164kcal、塩分1人分1.5g
    ●ドライカレー:1人分175kcal、塩分1人分1.2g
    ●豚バラのさっと炒め:1人分211kcal、塩分1人分0.8g
    ●梅肉だれ:1人分24kcal、塩分1人分0.8g

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

坂田阿希子
坂田阿希子
料理雑誌の出版社に入社後、自ら料理する道を選び料理研究家のアシスタントから始める。フランス料理店、フランス菓子店での経験を積み独立し、料理教室「STUDIO SPOON」をスタート。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 木村拓

食材の扱い方・ポイント

米
日本の食に欠かせない米。日本では主に、ジャポニカ種のうるち米を食べます。うるち米は、精米…

基本の扱い方

米を洗う(1)

ボウルに米を入れ、たっぷりの水を注いで1〜2回混ぜ、すぐに水を捨てます。乾いた米は吸水しやすいので、1回目は、米がぬかのにおいを吸わないよう、手早く。

米を洗う(2)

2回目以降は、水を注いでから手で5回ほど軽くかき回し、水を捨てます。これを5回繰り返せばOK。水が透明になっていなくても、汚れは充分取れています。
※現在は、精米技術が発達し、ぬかや汚れが格段に減っているので、研ぐ(米どうしをこすり合わせるようにする)必要はありません。米が砕けないよう、やさしく洗い流すようにしてください。

吸水させる

米をざるに上げて、30分以上おき、吸水させます。
手軽に吸水させるには、炊飯器に米と、表示どおりの分量の水を入れ、夏なら30分、冬なら1時間ほどそのままおいておきます。
※吸水の必要がない炊飯器も普及しています。ご使用の炊飯器の扱い方を確認してください。

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ30222品をご紹介!

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //