バラエティー海鮮巻き

時短、塩分控えめ、のり巻き

  • facebook
  • twitter
  • はてぶ
バラエティー海鮮巻き

カテゴリ:
ごはんもの > アレンジご飯 > のり巻き
ジャンル:
和風
プロ料理家:
坂田阿希子
撮影:
木村拓

材料()

基本のすし飯(5~6人分)

 ・…3合

 ・すし酢

  ・酢…大さじ5

  ・砂糖…大さじ3

  ・塩…小さじ2

たこのトマトオイルあえ(3~4人分)

 ・ゆでだこの足…1本(約120g)

 ・トマト…1個

 ・オリーブ油、しょうゆ

帆立のソテー(3~4人分)

 ・帆立貝柱(生食用)…4個(約150g)

 ・オリーブ油、塩

春菊のからしあえ(3~4人分)

 ・春菊…1わ

 ・だし汁…大さじ1

 ・練りがらし…小さじ1/2

 ・しょうゆ…小さじ1

 ・塩

まぐろのわさびじょうゆ漬け(3~4人分)

 ・まぐろ(刺し身用)…1さく(約200g)

 ・白すりごま…小さじ2

 ・練りわさび、しょうゆ

半生焼きたらこ(3~4人分)

 ・たらこ…2腹

 ・レモンの輪切り…1枚

下ごしらえ

1.

米は洗ってざるにあけ、炊飯器の内釜に入れる。水540mlを加え、普通に炊く。

2.
ご飯をさましやすい飯台がおすすめですが、なければ大きめのボウルでも。ご飯粒を潰さないよう、しゃもじで切るように混ぜて。

ご飯をさましやすい飯台がおすすめですが、なければ大きめのボウルでも。ご飯粒を潰さないよう、しゃもじで切るように混ぜて。

ご飯が炊けたら飯台か大きめのボウルにあけ、すし酢の材料をよく混ぜて回しかける。ご飯に対してしゃもじを立て、ご飯の粒が潰れないよう、切るように混ぜては底からひっくり返す、を10回ほど繰り返す。

3.

ご飯にすし酢がいきわたったら、うちわであおいでつやを出す。食べる直前まで、ぬれぶきんをかぶせておく。

作り方

1.

たこのトマトオイルあえを作る。たことトマトは1cm角に切ってボウルに入れ、オリーブ油、しょうゆ各小さじ2を加えてあえる。

2.

帆立のソテーを作る。帆立は厚みを半分に切り、さらに縦半分に切る。

3.

フライパンにオリーブ油小さじ1を強火で熱し、2を並べ入れ、両面をさっと焼く。塩少々をふる。

4.

春菊のからしあえを作る。春菊は塩を加えた熱湯でゆで、冷水にとって水を絞り、3cm長さに切る。

5.

ボウルにだし汁、練りがらし、しょうゆを入れて混ぜ、4を加えてあえる。

6.

まぐろのわさびじょうゆ漬けを作る。ボウルにごま、わさび小さじ1、しょうゆ大さじ2を入れて混ぜる。

7.

まぐろは1.5cm四方、4cm長さに切り、6に加えて混ぜ、ラップをかけて冷蔵庫で30分~まる1日漬ける。

●青じそを一緒に巻いてもよい。

8.

半生焼きたらこを作る。たらこを魚焼きグリルに並べ、両面をさっと焼いて、食べやすい大きさに切る。

9.

レモンは放射状に8等分に切り、8と混ぜる。好みでさらにレモン汁をかけても。

●貝割れ菜を半分に切って一緒に巻いてもよい。

10.

●基本のすし飯:1人分287kcal、塩分1人分2.0g
●たこのトマトオイルあえ:1人分57kcal、塩分1人分0.6g
●帆立のソテー:1人分46kcal、塩分1人分0.2g
●春菊のからしあえ:1人分15kcal、塩分1人分0.5g
●まぐろのわさびじょうゆ漬け:1人分76kcal、塩分1人分1.0g
●半生焼きたらこ:1人分44kcal、塩分1人分1.4g

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X