バラエティー海鮮巻き

バラエティー海鮮巻き
バラエティー海鮮巻き

たこやまぐろなど、海の幸を簡単アレンジするだけで完成する海鮮巻き

材料

  • 基本のすし飯(5〜6人分)
  •  ・…3合
  •  ・すし酢
  •   ・酢…大さじ5
  •   ・砂糖…大さじ3
  •   ・塩…小さじ2
  • たこのトマトオイルあえ(3〜4人分)
  •  ・ゆでだこの足…1本(約120g)
  •  ・トマト…1個
  •  ・オリーブ油、しょうゆ
  • 帆立のソテー(3〜4人分)
  •  ・帆立貝柱(生食用)…4個(約150g)
  •  ・オリーブ油、塩
  • 春菊のからしあえ(3〜4人分)
  •  ・春菊…1わ
  •  ・だし汁…大さじ1
  •  ・練りがらし…小さじ1/2
  •  ・しょうゆ…小さじ1
  •  ・塩
  • まぐろのわさびじょうゆ漬け(3〜4人分)
  •  ・まぐろ(刺し身用)…1さく(約200g)
  •  ・白すりごま…小さじ2
  •  ・練りわさび、しょうゆ
  • 半生焼きたらこ(3〜4人分)
  •  ・たらこ…2腹
  •  ・レモンの輪切り…1枚
基本のすし飯(5〜6人分)
 ・米…3合
 ・すし酢
  ・酢…大さじ5
  ・砂糖…大さじ3
  ・塩…小さじ2
たこのトマトオイルあえ(3〜4人分)
 ・ゆでだこの足…1本(約120g)
 ・トマト…1個
 ・オリーブ油、しょうゆ
帆立のソテー(3〜4人分)
 ・帆立貝柱(生食用)…4個(約150g)
 ・オリーブ油、塩
春菊のからしあえ(3〜4人分)
 ・春菊…1わ
 ・だし汁…大さじ1
 ・練りがらし…小さじ1/2
 ・しょうゆ…小さじ1
 ・塩
まぐろのわさびじょうゆ漬け(3〜4人分)
 ・まぐろ(刺し身用)…1さく(約200g)
 ・白すりごま…小さじ2
 ・練りわさび、しょうゆ
半生焼きたらこ(3〜4人分)
 ・たらこ…2腹
 ・レモンの輪切り…1枚

下ごしらえ

  1. 米は洗ってざるにあけ、炊飯器の内釜に入れる。水540mlを加え、普通に炊く。
  2. ご飯が炊けたら飯台か大きめのボウルにあけ、すし酢の材料をよく混ぜて回しかける。ご飯に対してしゃもじを立て、ご飯の粒が潰れないよう、切るように混ぜては底からひっくり返す、を10回ほど繰り返す。
    ご飯をさましやすい飯台がおすすめですが、なければ大きめのボウルでも。ご飯粒を潰さないよう、しゃもじで切るように混ぜて。
  3. ご飯にすし酢がいきわたったら、うちわであおいでつやを出す。食べる直前まで、ぬれぶきんをかぶせておく。

作り方

  1. たこのトマトオイルあえを作る。たことトマトは1cm角に切ってボウルに入れ、オリーブ油、しょうゆ各小さじ2を加えてあえる。
  2. 帆立のソテーを作る。帆立は厚みを半分に切り、さらに縦半分に切る。
  3. フライパンにオリーブ油小さじ1を強火で熱し、2を並べ入れ、両面をさっと焼く。塩少々をふる。
  4. 春菊のからしあえを作る。春菊は塩を加えた熱湯でゆで、冷水にとって水を絞り、3cm長さに切る。
  5. ボウルにだし汁、練りがらし、しょうゆを入れて混ぜ、4を加えてあえる。
  6. まぐろのわさびじょうゆ漬けを作る。ボウルにごま、わさび小さじ1、しょうゆ大さじ2を入れて混ぜる。
  7. まぐろは1.5cm四方、4cm長さに切り、6に加えて混ぜ、ラップをかけて冷蔵庫で30分〜まる1日漬ける。

    ●青じそを一緒に巻いてもよい。
  8. 半生焼きたらこを作る。たらこを魚焼きグリルに並べ、両面をさっと焼いて、食べやすい大きさに切る。
  9. レモンは放射状に8等分に切り、8と混ぜる。好みでさらにレモン汁をかけても。

    ●貝割れ菜を半分に切って一緒に巻いてもよい。
  10. ●基本のすし飯:1人分287kcal、塩分1人分2.0g
    ●たこのトマトオイルあえ:1人分57kcal、塩分1人分0.6g
    ●帆立のソテー:1人分46kcal、塩分1人分0.2g
    ●春菊のからしあえ:1人分15kcal、塩分1人分0.5g
    ●まぐろのわさびじょうゆ漬け:1人分76kcal、塩分1人分1.0g
    ●半生焼きたらこ:1人分44kcal、塩分1人分1.4g

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

坂田阿希子
坂田阿希子
料理雑誌の出版社に入社後、自ら料理する道を選び料理研究家のアシスタントから始める。フランス料理店、フランス菓子店での経験を積み独立し、料理教室「STUDIO SPOON」をスタート。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 木村拓

このレシピの参考動画

食材の扱い方・ポイント

米
日本の食に欠かせない米。日本では主に、ジャポニカ種のうるち米を食べます。うるち米は、精米…

基本の扱い方

米を洗う(1)

ボウルに米を入れ、たっぷりの水を注いで1〜2回混ぜ、すぐに水を捨てます。乾いた米は吸水しやすいので、1回目は、米がぬかのにおいを吸わないよう、手早く。

米を洗う(2)

2回目以降は、水を注いでから手で5回ほど軽くかき回し、水を捨てます。これを5回繰り返せばOK。水が透明になっていなくても、汚れは充分取れています。
※現在は、精米技術が発達し、ぬかや汚れが格段に減っているので、研ぐ(米どうしをこすり合わせるようにする)必要はありません。米が砕けないよう、やさしく洗い流すようにしてください。

吸水させる

米をざるに上げて、30分以上おき、吸水させます。
手軽に吸水させるには、炊飯器に米と、表示どおりの分量の水を入れ、夏なら30分、冬なら1時間ほどそのままおいておきます。
※吸水の必要がない炊飯器も普及しています。ご使用の炊飯器の扱い方を確認してください。

トマト
トマト
トマトは南米原産の、ナス科の野菜。16世紀にヨーロッパへ導入され、品種改良されて、現在で…

基本の扱い方

へたを除く

刃先をへたのまわりに斜めに刺し込んでぐるりと一周させ、へたをくり抜きます。

皮をむく(湯むき)

鍋に湯を沸かし、トマトのへたがついたまま(ミニトマトはへたを取って)、へたを上にして入れます。皮が少しむけてきたら取り出し、冷水につけます。へたを取り、裂け目から皮をむきます。

皮をむく(火にかざす)

1個だけ皮をむきたいときに便利な方法。へたにフォークを刺して直接火にかざし、皮が少しはじけてきたら冷水にとります。へたを取り、皮の裂け目から皮をむきます。

切り方

中身をくり抜く(1)

中に詰めものなどをする料理の場合、中身をくり抜きます。まず、へたから1cmくらいを切り、ふたにする上部を切り、端から7〜8mmのところにぐるりと包丁目を入れます。

中身をくり抜く(2)

スプーンで中身をくり抜きます。

輪切り

料理によって、好みで、縦または横の輪切りに。へたを取り、横の輪切りならへたの部分を右にして置き、端から切ります。
縦の輪切りなら、へたの部分を下にして置き、同様に切ります。

半月切り

へたを取り、縦半分に切ったら、切り口を下にして置き、適当な厚さに端から切ります。

くし形切り

8等分のくし形は、へたを取り、縦半分に切って、切り口を上にして置きます。半分に切り、さらに角の部分から包丁を入れて半分に切ります。トマトの大きさや用途によって、4〜6等分にしても。

みじん切り

輪切りにしたものを重ねて細く切り、横にしてさらに細かく切る。

角切り

サラダなどに使うときは、1.5〜2cm角の角切り、ソース代わりに使ったり、スープの浮き実にするようなときは、1cm角くらいの小さい角切りがよいでしょう。

角切り(1)

へたを取って横半分に切り、切り口を下にして置きます。1.5〜2cm角の角切りなら1.5〜2cm幅になるように、等分に切ります。

角切り(2)

向きを変えて横にも等分に切ります。

春菊
春菊
地中海沿岸原産で、東アジアのみで食用とされています。葉の形や大きさにより、いくつかの品種…

基本の扱い方

葉先を摘み取る

茎が太くかたい場合、下のほうは葉の部分を手で摘んで使う。茎がやわらかい上のほうは、そのまま生かして。

まぐろ
まぐろ
日本では、刺し身の中でいちばんの人気を誇るまぐろ。おもに店頭に並ぶのは、「くろまぐろ(ほ…

基本の扱い方

刺し身を切るときは

まぐろは白身魚などと違って、少し大きめに切ります。さくの右側から切りはじめて。写真のように包丁の刃元をさくの手前側に当て、スーッと引きながら切り、最後は刃先をまな板につけて切り離します。よく切れる包丁で一度に切ると切り口がシャープに。組織が壊れないのでうまみが逃げず、見た目もきれいです

盛りつけ

一列に並べるよりも、重ねることによって、見栄えのする盛りつけに。
例えば5切れなら、2切れを土台に置き、3切れを立て掛けるようにして、少しずつずらして重ねます。ずらして盛ると、見た目ばかりでなく、食べるときにも1切れずつ取りやすくなります。
盛るときは、鮮度を落とさないよう、あまり長く手でさわらないように手早く。添えるつまは、大根が多く使われますが、貝割れ菜やきゅうりなど、季節の使いやすい野菜でOKです。

たらこ
たらこ
一般に冬に出回る生たらこは、まだらの卵巣。塩蔵で年間を通して出回るたらこは、すけとうだら…

基本の扱い方

皮をとる(1)

縦に包丁で切り目を入れて開く。

皮をとる(2)

スプーンや包丁の背で、こそげ取るように少しずつかき出します。

皮をとる(3)

切れ目を入れないで無理に手でしぼり出そうとすると皮がくずれてしまいます。

冷凍すると簡単

冷凍したたらこを半分に切り、切り口から薄皮をむくとスーッと取れます。

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ30222品をご紹介!

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //