“うま辛”風味にハマる! 豆板醤をアクセントに使った万能たれ5選

#食 
「マヨ豆板醤」


自宅で韓国風の料理を作った後、冷蔵庫の奥底で眠らせてしまいがちな豆板醤。そんな時は調味料を有効活用して、うま辛味がクセになる万能たれを作ってみてはいかがでしょう? 今回は豆板醤をアクセントに使った万能たれを、5つ厳選してご紹介。ちょっとしたアレンジを行うだけで、どんな食材にも合うたれが用意できますよ。

マヨ豆板醤


【材料・作りやすい分量】

豆板醤 小さじ1/4~1/3、マヨネーズ 大さじ2、しょうゆ 小さじ1/2

【作り方】

1. 豆板醤、マヨネーズ、しょうゆを混ぜ味をみて、塩で味をととのえる。

お料理メモ

ゆで野菜のディップや、焼いた肉にからめて

ピリッとした辛みがおかずの味を引き立ててくれる万能たれ。作り方は、マヨネーズやしょうゆといった定番の調味料と豆板醤を混ぜるだけ。お手軽に用意できますが、ゆで野菜のディップソースや焼いたお肉のたれなど使いどころは無限大です。

ピーナッツバター豆板醤


ピーナッツバターと豆板醤の意外な組み合わせが、驚くほどマッチします。甘辛い風味でどんどんお箸が進むはず。

ほんのり甘い「ピーナッツバター豆板醤」


ピリ辛みそ


みそのうまみがたっぷりとつまったたれは、まさに日中調味料のいいとこどり! 1人分24kcalなので、ダイエット中の定番になりそう。

「ピリ辛みそ」


ピリ辛中華だれ


長ねぎやしょうがなどの香味野菜をたくさん加えた、中華風の万能たれ。ピリッと辛い豆板醤が味のアクセントに。

「ピリ辛中華だれ」


エスニックだれ


ナンプラーをプラスしたエスニックな風味の一品。やさしい辛みと甘酸っぱさがやみつきになってしまうかも。

「エスニックだれ」


豆板醤はそら豆や唐辛子を使った、中国発祥の発酵調味料。辛みだけでなく独特のコクがあるので、たれに使用することでひと味違った仕上がりを楽しめるでしょう。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)