パンチのきいた味でご飯が進む! キムチが決め手のピリ辛煮物5選

#食 
「キムチ肉じゃが」


具材にじっくり味をしみ込ませて作る煮物は、たまに食べたくなる家庭の味。しかし「味つけがいつも同じでマンネリ化してしまう」という人もいるようで、日々の献立に困ってしまうこともありますよね。今回はそんなお悩みを解決できる、キムチを使った煮物を5つご紹介。ピリ辛風味でご飯がもりもり進んでしまうので、ぜひお試しあれ。

キムチ肉じゃが


【材料・2人分】

牛切り落とし肉 150g、じゃがいも 小3個(約300g)、長ねぎ 1/2本、白菜キムチ 150g、煮汁(酒 大さじ1、砂糖 大さじ1/2、水 1/2カップ)、ごま油、しょうゆ

【作り方】

1. じゃがいもは四つ割りにして水に約5分さらし、水けをきる。ねぎは2~3cm長さに切る。キムチ、牛肉は大きければ食べやすい大きさに切る。

2. フライパンにごま油大さじ1/2を熱し、牛肉を入れて炒める。肉の色が変わったらじゃがいも、ねぎを加えて炒め合わせ、油がまわったら煮汁を加える。煮立ったらふたをして、弱火で7~8分煮る。

3. キムチ、しょうゆ小さじ2を加えて全体を混ぜ合わせ、再度ふたをし、じゃがいもがやわらかくなるまで4~5分煮る。

(1人分419Kcal、塩分2.3g)

牛肉のうまみがじゃがいもにしみ込んだ韓国風の煮物。キムチが味のベースになっているので、常備してある調味料だけで味が決まります。塩分を先に加えると具材がやわらかく煮えないため、キムチは後から入れましょう。

もやしのチゲ風煮もの


もやしから水分が出るため、水は少なめに加えるのがポイント。煮れば煮るほどに味が凝縮されておいしくなります。

【画像を見る】キムチのうまみを吸ったもやしが美味!「もやしのチゲ風煮もの」


ごぼうと牛肉のキムチ煮


ごぼうは包丁の背で皮をこそげとり、5mm幅の斜め切りに。フライパンで炒めている牛肉の色が変わったら、ごぼうを加えるタイミングです。

「ごぼうと牛肉のキムチ煮」


とりとじゃがいものカムジャタン風


韓国の鍋料理の一つである“カムジャタン”をイメージした一品。豚の背骨の代わりにとり手羽元を使用しているので、気軽にチャレンジできるはず。

「とりとじゃがいものカムジャタン風」


切り干し大根といんげんのキムチ煮


白菜キムチが大きかった場合は、食べやすい大きさにカットしてから使用。切り干し大根といんげんは食物繊維が豊富なので、お通じの改善にも役立ちます。

「切り干し大根といんげんのキムチ煮」


キムチは料理に加えるだけで、具材や調味料の代わりになる万能食材。とくに煮物など味つけの加減が難しい料理に使えば、お手軽においしい一品を作れますよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //