誰にでもできるサクッと食感! こうばしい香りが食欲をそそる魚の竜田揚げ5選

#食 
「さばの竜田揚げ」


ジューシーな食感がやみつきになる“竜田揚げ”。料理の定番だからこそ、一度作り方をおさらいしてみてはいかがでしょう? 今回は、こうばしい香りが食欲をそそる魚の竜田揚げを5つピックアップしました。誰でもサクサク食感に仕上げられるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

さばの竜田揚げ


【材料・2人分】

さば 2切れ、さつまいも 小1本(約180g)、おろししょうが 1かけ分、酒、しょうゆ 各小さじ2、塩 少々、揚げ油、片栗粉

【作り方】

1. さばは骨を取って一口大のそぎ切りにする。ボウルに入れ、おろししょうが、酒、しょうゆ各小さじ2を加えて約10分漬ける。さつまいもは皮つきのまま1cm厚さの輪切りにし、水にさっとさらして水けを拭く。

2. フライパンに揚げ油を1cm深さまで入れ、さつまいもを入れる。中火にかけ、火が通るまで約4分揚げる。油をきり、塩少々をふる。

3. さばに片栗粉を薄くまぶす。2の揚げ油を中温(約170℃)に熱し、さばを入れ、時々上下を返しながら約4分揚げる。油をきり、さつまいもとともに器に盛る。

(1人分397Kcal、塩分1.4g)

竜田揚げとさつまいもの両方を味わえるメニューです。さばは一口大にカットし、さつまいもは皮つきのまま厚さ1cmに切ってから使用しましょう。さつまいもの甘味とさばの相性が抜群で、食べ始めたら止まらなくなってしまうかも。

ぶりと根菜の竜田揚げ


ほどよいコクのぶりと一緒に、深みのある根菜を堪能できます。魚だけでなく野菜もしっかり摂りたいときにうってつけ。

【画像を見る】歯ごたえ豊かな「ぶりと根菜の竜田揚げ」


かつおの竜田揚げ


にんにくやしょうゆなどで味つけした竜田揚げ。さつまいもとにんじんは約3分素揚げにし、竹串がスーッと通ったら油をきってください。

「かつおの竜田揚げ」


ぶりの竜田揚げ


甘辛いしょうがの風味がおいしさの決め手。ぶりは上下を返しながら、両面がこんがりとするまで揚げていきましょう。

「ぶりの竜田揚げ」


まぐろのしょうが竜田揚げ


たっぷりと使用したしょうがの風味に食欲をそそられるはず。刺身は水けをきることで、身がしまってうまみが凝縮します。

「まぐろのしょうが竜田揚げ」


竜田揚げは手頃なサイズ感なのでランチや夕食はもちろん、お酒のつまみにもぴったりです。しょうがやにんにくなどの薬味がきいているレシピばかりなので、ご飯がどんどん進みますよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //