鮭の新しい食べ方が楽しめる夕飯レシピ「鮭のピカタ トマトみそだれ」 画像(1/2) トマトの酸味とみそのまろやかさがマッチ! 鮭の新しい食べ方かも!?

脂がのって、この時期おいしい鮭。焼いたり、鍋に入れたり、と調理法が幅広いのも魅力です。とはいっても、ここらへんでちょっと新しい食べ方も開拓したい、という人におすすめなのがコレ。トマトの酸味とみそのまろやかさが絶妙にマッチして、家族も喜ぶこと間違いなし! 鮭が特売の日などにぜひ試してみて。


【鮭のピカタ トマトみそだれ】(1人分263Kcal、塩分1.5g、調理時間10分)


<材料・2人分>生鮭2切れ、溶き卵1/2個分、トマト1個、サラダ菜6枚、みそだれ(オリーブ油大さじ1、みそ大さじ1/2、砂糖小さじ1、しょうゆ小さじ1/2)、塩、こしょう、小麦粉、サラダ油


<作り方>

1.トマトは1.5cm角に切る。鮭は皮と骨を除き、ラップではさんでめん棒などで5mm厚さにたたいてのばし、半分に切る。塩、こしょう各少々をふって小麦粉を薄くまぶす。

2.フライパンに油少々を熱し、1の鮭を溶き卵にからめて並べ入れる。途中上下を返し、両面にうすく焼き色がつくまで3~4分焼き、取り出して器に盛る。

3.フライパンをきれいにし、1のトマト、みそだれの材料を混ぜ合わせて入れる。火にかけ、トマトを軽くつぶして水分を出しながら混ぜる。とろみがついたら火を止めて2にかけ、サラダ菜を添える。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】