【夕飯レシピ】旬の里いもを使った肉じゃが風おかず「牛肉と里いもの煮っころがし」 画像(1/2) 里いもを肉じゃが風に

今が旬の里いもを使って、主菜にできる一品を探しているは、ぜひこれを試してみて。香ばしく焼きつけた里いもに牛肉のうまみが加わって、いつもの煮っころがしとはまた違ったおいしさが楽しめます。多めに作って、翌日のお弁当にも!


【牛肉と里いもの煮っころがし】(1人分297Kcal、塩分2.7g、調理時間20分)


<材料・2人分>牛切り落とし肉120g、里いも300g、しめじ50g、玉ねぎ1/4個、煮汁(だし汁…1 1/2カップ、しょうゆ大さじ3~4、みりん大さじ3、砂糖大さじ1/2)、サラダ油


<作り方>

1.里いもは半分に切る。しめじは小房に分ける。玉ねぎは1cm幅のくし形に切る。牛肉は大きければ、食べやすい大きさに切る。

2.フライパンに油少々を熱し、里いもを入れて焼きつけ、焼き色がついたら上下を返し、さらに焼き色がつくまで焼く。牛肉、しめじ、玉ねぎを加えて炒め合わせ、全体に油がまわったら、煮汁のだし汁を加える。

3.煮立ったらアクを除き、煮汁の残りの材料を加え、ふたをして弱火で約15分、里いもがやわらかくなるまで煮る。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】