【簡単レシピ】とりむね肉を使った“すき焼き風”鍋なら安くて低カロリー 画像(1/3) 甘辛しょうゆ味でご飯にピッタリ
甘辛しょうゆ味でご飯にピッタリ

調理=小林まさみ 撮影=白根正治

すき焼きが食べたい…でも牛肉は高い…。ならば、お手頃価格のとり肉を使った「とりむね肉の大根すき鍋」はいかがでしょう? 甘辛ダレと溶き卵をまとったとりむね肉を一口食べれば、あら不思議! 「すき焼き食べてる!」感が実感できるはず。スライサーで薄切りにした大根やごぼうも、味がよ~く染みこんで美味。材料費も抑えられて旬の野菜もたっぷりとれるお手軽すき鍋、今夜ぜひおためしを。


【とりむね肉の大根すき鍋】(1人分269Kcal、塩分3.8g)


<材料>(2~3人分)

大根1/2本、とりむね肉1枚(約230g)、卵2~3個、せり1わ、ごぼう1/2本、だし汁1と1/2カップ、しょうゆ、砂糖、みりん


<作り方>

(1)とり肉は皮を除き、一口大よりやや大きめのそぎ切りにする

【簡単レシピ】とりむね肉を使った“すき焼き風”鍋なら安くて低カロリー 画像(3/3) 【写真を見る】とり肉はもも肉よりもむね肉のほうがカロリーが低く、皮を除くことでさらにカロリーダウンになる
【写真を見る】とり肉はもも肉よりもむね肉のほうがカロリーが低く、皮を除くことでさらにカロリーダウンになる

調理=小林まさみ 撮影=白根正治


(2)大根はスライサーで、細長い薄切りにする。せりは4cm長さに切り、ごぼうは包丁の背で皮をこそげ、鉛筆を削るようにして、ささがきにして水に放し、水をよくきる。

【簡単レシピ】とりむね肉を使った“すき焼き風”鍋なら安くて低カロリー 画像(6/3) 大根は、スライサーで薄く細長く切って。調味料がしみこみやすくなり、いつもと違った食感が楽しめる
大根は、スライサーで薄く細長く切って。調味料がしみこみやすくなり、いつもと違った食感が楽しめる

調理=小林まさみ 撮影=白根正治


(3)すき焼き用の鍋または鍋にだし汁を入れ、しょうゆ大さじ5~6、砂糖、みりん各大さじ2 1/2~3を入れて火にかける。ひと煮立ちしたら、1と2を加え、とり肉に火が通ったら、器に卵を溶きほぐし、卵をつけて食べる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】