【夕飯レシピ】ビールのおつまみにも!ストック食材を使った「ソーセージとほうれん草のガーリック塩炒め」 画像(1/2) 大豆やほうれん草を加えて具だくさん

元気も食材も底をつきがちな週末。冷蔵庫に残っている食材やストックしてある缶詰を利用して、元気をチャージしませんか。緑黄色野菜のほうれん草がたっぷりとれて、美容と健康に嬉しい大豆イソフラボンもしっかり摂取。しかも、カリッとこうばしいにんにくが食欲をそそって、ご飯のおかずはもちろん、ビールなどにもぴったり! ほうれん草をレンジでゆでる間にほかの食材をカットできるので、忙しい朝のお弁当おかずにもおすすめです。


【ソーセージとほうれん草のガーリック塩炒め】(1人分374Kcal、塩分1.9g、調理時間15分)


<材料・2人分>ウインナソーセージ130g、大豆の水煮100g、ほうれん草200g、玉ねぎ1個、にんにくの薄切り1片分、塩、サラダ油、こしょう


<作り方>

1.ほうれん草は3cm長さに切り、水にさっと通して水けがついたまま耐熱ボウルに入れる。塩少々をふってラップをかけ、電子レンジで約2分加熱し、冷水にとって水けを絞る。玉ねぎは1cm四方に切る。ソーセージは1cm幅に切る。

2.フライパンに油小さじ2、にんにくを弱火で熱し、にんにくがカリッとしたら取り出す。

3.続けてソーセージ、玉ねぎ、大豆を入れ、中火にして約5分炒める。大豆にうすい焼き色がついたら、ほうれん草を加えてさっと炒め、塩、こしょうで味をととのえる。器に盛り、2を散らす。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】