のせる具だけでアレンジ自在。ヘルシー!豆腐ステーキ5選 画像(1/2) 「豆腐ステーキ ほうれん草ソースがけ」 レタスクラブニュースより
「豆腐ステーキ ほうれん草ソースがけ」 レタスクラブニュースより

調理:柳原るり 撮影:三村健二

お鍋やお味噌汁、麻婆豆腐など様々な料理に活用できるお豆腐ですが、冷奴などそのままでも使えるのが嬉しいところ。でも、寒い季節にそのまま食べると、体が冷えてしまうこともありますよね。そんな時は、豆腐を焼くだけでできる「豆腐ステーキ」はいかがでしょう? 醤油や薬味をかけて食べるのはもちろん、上にかける具材を工夫すれば立派な一品に生まれ変わりますよ。

【豆腐ステーキ ほうれん草ソースがけ】(1人分394Kcal、塩分1.9g、調理時間20分)

<材料・2人分>ベーコン 2枚、卵 1個、もめん豆腐 1丁(約400g)、ほうれん草 1/2わ、にんにく 1片、ピーナッツ 大さじ1、オリーブ油、バター、しょうゆ


<作り方>

1. 豆腐は厚みを半分に切り、横半分に切る。ペーパータオルで包んで耐熱皿にのせ、ラップをかけずに電子レンジで約2分加熱する。ほうれん草は洗い、水けを軽くきってラップに包み、電子レンジで約1分加熱する。取り出して冷水にとり、軽く絞って1cm長さに切る。ベーコンは1cm幅に切る。にんにくは包丁の腹で潰す。ピーナッツはポリ袋に入れ、めん棒で砕く。卵は卵黄と卵白に分け、卵白は溶きほぐす。

2. ボウルに1の豆腐、卵白を入れて豆腐をくずさないようにからめる。フライパンにオリーブ油大さじ1/2、にんにくを入れ、弱火にかけて炒める。香りが立ったらにんにくを取り出し、豆腐を並べ入れる。ボウルに残った卵白を豆腐にかける。流れた卵白は、菜箸で豆腐に寄せて焼くときれいに仕上がる。途中上下を返しながら約3分、焼き色がつくまで焼く。取り出して、器に盛る。

3. フライパンにバター大さじ1を溶かし、ベーコン、ピーナッツを入れて炒める。ベーコンに焼き色がついたら、ほうれん草を加え、なじむまで炒め合わせる。しょうゆ大さじ1を加えて混ぜ、3にのせ、さらに中央に卵黄をのせる。


豆腐ステーキを作る時は、半分にカットした豆腐をペーパータオルで包んで、電子レンジで加熱しておきましょう。こうすることで、火の通りにくい豆腐に熱を通すだけでなく、豆腐に含まれている水分をしっかりと抜くことができます。水分が残ったままだと、どれだけ具材が美味しくても味が薄く感じてしまうので、忘れずにレンジでチンしておきましょうね。


【豆腐ステーキのお好み焼き風】

ソースとマヨネーズの香りが食欲をそそる! まるでお好み焼きな豆腐料理。

⇒レシピURL:http://www.lettuceclub.net/recipe/dish/12210/

のせる具だけでアレンジ自在。ヘルシー!豆腐ステーキ5選 画像(3/2) 「豆腐ステーキのお好み焼き風」 レタスクラブニュースより
「豆腐ステーキのお好み焼き風」 レタスクラブニュースより

調理:外処佳絵 撮影:木村拓


【豆腐ステーキのカレーソース】

トマトソースにカレー味をプラス。合いびき肉を使ってボリュームアップ!

⇒レシピURL:http://www.lettuceclub.net/recipe/dish/12217/


【豆腐ステーキのチリソース】

豆板醤を使ったチリソース風味のピリ辛ソース。小さなお子さんがいるという場合には、豆板醬を少なめ、その分ケチャップを多くすればOK。

⇒レシピURL:http://www.lettuceclub.net/recipe/dish/12218/


【豆腐ステーキの麻婆もやしのっけ】

麻婆のたれは焼いた豆腐に乗っけるだけで、いつもの麻婆豆腐とは違う一品に。

⇒レシピURL:http://www.lettuceclub.net/recipe/dish/18928/


【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】