【夕飯レシピ】冷蔵庫で眠らせがちなポン酢じょうゆがお役立ち!「とり肉と根菜の揚げびたし」 画像(1/3) ポン酢+だし汁の即席だれで
ポン酢+だし汁の即席だれで

調理=井原裕子 撮影=安井真喜子

鍋用にポン酢は買ってあるけれど、それ以外の使い道がなくて冷蔵庫で眠らせがち……という人は、ぜひこのレシピをお試しあれ! だし汁&ポン酢じょうゆの漬けだれが、何ともいい仕事をしてくれ、ご飯にベストマッチの味に仕上がります。お弁当にもぜひ!


【とり肉と根菜の揚げびたし】(1人分584Kcal、塩分2.2g、調理時間20分)


<材料・2人分>とりもも肉250g、下味(酒大さじ1、おろししょうが・しょうゆ各小さじ1)、さつまいも1本、ごぼう1/2本、貝割れ菜1/2パック、漬けだれ(だし汁1/2カップ、ポン酢じょうゆ1/4カップ)、サラダ油、片栗粉


<作り方>

1.さつまいもは皮つきのまま一口大の乱切りにし、ごぼうはたわしでよく洗い、1cm幅の斜め切りにする。ともに水に約2分さらしてざるにあけ、ペーパータオルで水けを拭く。とり肉は一口大に切って下味をもみ込む。大きめのボウルに漬けだれの材料を入れて混ぜる。

2.フライパンに1cm深さの油を入れて中温(約170℃)に熱し、さつまいも、ごぼうを入れて揚げ焼きにする。上下を返しながら4~5分揚げ、揚がったものから取り出して油をきり、漬けだれに加える。

3.続けて、とり肉に片栗粉を薄くまぶしてフライパンに入れる。上下を返しながら5~6分揚げ焼きにし、取り出して油をきり、漬けだれに加える。貝割れ菜を加えて全体をざっと混ぜ、汁けを軽くきって器に盛る。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】