[ホウチョウデタタク]

包丁でたたく

包丁を、食材の上からたたきつけるようにして、細かく切ったり刻んだりすること。
「刃たたき」ともいう。

「あじのたたき」を作るときは、三枚におろして皮をはいでから、包丁で身を細かくたたいていく。
出刃包丁など重みのある包丁だと、その重みを利用してたたきやすい。

【包丁でたたく】に関連する料理用語

料理用語事典へ戻る