[シキシギリ]

色紙切り

大根を色紙切りにする

大根を色紙切りにする

切り方の名称の一つで、材料を色紙のように、正方形に薄く切ること。

一般に、1辺の長さは1~3cm、厚さは1mmくらい。
小口が、ほしい大きさになるように、拍子木切りにし(切り口が四角形の棒状に切る)、小口から薄く切る。切ったときに色紙のような形になるため、こう呼ばれる。
大根、にんじん、うどなどに用いる。あえもの、汁の実などに。

【色紙切り】に関連する料理用語

料理用語事典へ戻る