[ダイミョウオロシ]

大名おろし

かますを大名おろしにする

かますを大名おろしにする

関連する食材:かます

魚を三枚におろすやり方のひとつ。中骨のない2枚の身と中骨の三枚におろす。

通常の「三枚おろし」では、背側と腹側の両方から包丁を入れるが、大名おろしの場合、背側から包丁を入れ、包丁の先端を腹の向こうに出し、背と腹を一度におろす。
「三枚おろし」に比べ、骨に身が多く残るため、ぜいたくなおろし方、という意味でこの名がある。

さよりやきす、小さめのあじなど小型の魚や、身のやわらかい魚に。
手早くできるので、大量におろすときにも。

【大名おろし】に関連する料理用語

料理用語事典へ戻る