(かます)

かますの基本情報

かます
撮影:澤木央子

かますの特徴

南日本海から南シナ海に分布し、各地の沿岸に多く生息しています。口の先がとがっていて、歯が鋭いのが特徴です。
主に「アカカマス(本カマス)」「アオカマス」の2種類があり、いずれも「かます」の名で市場に出回っています(写真はアカカマス)。漁獲量が多いのは「アカカマス」で、体長が大きく(最大約50cm)、味もよいとされます。
淡泊でくせのない白身魚で、塩焼き、天ぷらやから揚げ、フライ、ムニエル、酒蒸しなどに。開いて干してもおいしく、開いて塩をふったもの、みりんじょうゆに漬けたものも多く出回ります。身がやわらかいので、扱いはていねいに。

かますの選び方ガイド

目が澄んで美しいもので、体にはうろこがしっかりつき、弾力性があり、腹の張っているものを。